みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ:漫画 > 週刊少年ジャンプ

      mixiチェック

    呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)は、芥見下々による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2018年14号から連載中。人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画。 本作は、『ジャンプGIGA』2017 vol.1から2017 vol
    210キロバイト (35,147 語) - 2021年4月8日 (木) 04:14



    (出典 d8s4gwazj91zf.cloudfront.net)


    かっこいい女性良いですね!

    でも、家庭的な女性も好きです!

    1 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイW 0647-2BbA) :2021/04/10(土) 16:17:02.96


    固定観念に嫌気がさしたふたりが、その空気をぶち壊そうと奮闘する姿に共感


    『呪術廻戦』にて、主人公・虎杖悠仁が通うこととなった呪術師の学校、呪術高専東京校。1年生の紅一点・釘崎野薔薇と2年生の紅一点・禪院真希は、そのイケメンすぎる立ち居振る舞いと飛び交う名言が魅力的です。
    そんなふたりは、『呪術廻戦』にただよう暗く重い雰囲気にさらされるも、それを痛快にぶち壊そうとします。


    ●能力主義・男尊女卑。そこに抗い、生きるふたりの女性

     野薔薇は岩手県盛岡市まで車で4時間かかるような、いわゆるド田舎で生まれ育ちます。
    彼女は「田舎が嫌で東京に住みたかったから!!」という安易に聞こえる理由で呪術師を目指していると明言しますが、その裏にあったのは故郷で目にした「気持ち悪さ」でした。

     野薔薇が小学1年生の頃、東京から引っ越してきた少女「沙織ちゃん」。優しくかわいい彼女を野薔薇は大好きでしたが、村の住民は村八分のような形で、沙織ちゃんにひどい仕打ちをします。
    自分たちの価値観を揺るがすような存在を煙たがり、排除しようとする人々に醜悪さを見た野薔薇。「ここにいたままでは私は*だも同然」と、彼女は村と決別。自分らしくあるために、呪術師の道を選びます。

     そんな野薔薇が慕う禪院真希は、呪術師の超名門・呪術界御三家のひとつ「禪院家」に、双子の姉として生まれます。
    しかし彼女は、名家に脈々と受け継がれてきた能力も、呪術師にとって欠かせない呪力も持っていませんでした。その代償として、圧倒的な身体能力を得た真希。
    さらに、代々続く名家が圧倒的権力を持つ呪術界では、男尊女卑的な考えも横行しています。

     生きづらさしか感じない境遇にも関わらず、真希はあえて呪術師としての道を選びます。
    野薔薇にはその理由を「実家への嫌がらせ」と話し、回想シーンでは現当主である禪院直毘人に、いずれ禪院家の当主に私がなると「宣戦布告」します。

     凝り固まった思想にまみれた社会を、ふたりは心から嫌悪します。重々しい空気を振り払うように、自分の信条を貫く野薔薇と真希。
    たとえ傷だらけになっても自分を曲げない強さに、見る人は心惹かれるのかもしれません。そんなふたりの名言を、少しだけ紹介します。



     冒頭の登場シーンはもちろん、「京都姉妹校交流会編」では名言が炸裂している野薔薇。
    ここでは紹介しませんでしたが、まだアニメ化されていない「渋谷事変編」でも彼女の生き様を示す名言が飛び交います。

    「懸けられるわ 私が私であるためだもの」
    「“完璧”も“理不尽”も応える義務がどこにある? テメェの人生は仕事かよ」
    「男がどうとか女がどうとか 知ったこっちゃねーんだよ!! テメェらだけで勝手にやってろ!! 私は綺麗にオシャレしてる私が大好きだ!! 強くあろうとする私が大好きだ!! 私は『釘崎野薔薇』なんだよ!!」

    ●生き様にしびれる「禪院真希」名言集

     真希は、本編はもちろん、本編の前日譚ともいえる『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』で、数々の名言を残しています。

    マンガ本編でも話題の乙骨先輩こと乙骨憂太との関係性も語られているので、未読の方はぜひ!

    「乙骨 オマエ マジで何しにきたんだ 呪術高専によ!! 何がしたい!! 何が欲しい!! 何を叶えたい!!」
    「呪いを祓って 祓って 祓いまくれ!! 自信も他人もその後からついてくんだよ!!」
    「嫌がらせだよ 見下されてた私が大物呪術師になってみろ 家の連中どんな面すっかな」
    「あのままじゃ 私は私を嫌いになってた それだけだよ」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5c779b589a214fe094d65839c5707e820905abed


    【【話題】『呪術廻戦』釘崎野薔薇と禪院真希「かっこいい女性たち」 古臭い社会で気高く生きる姿に共感集まる】の続きを読む

      mixiチェック

    呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)は、芥見下々による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2018年14号から連載中。人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画。 本作は、『ジャンプGIGA』2017 vol.1から2017 vol
    210キロバイト (35,147 語) - 2021年4月8日 (木) 04:14



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    全ての術式を無効化って。。。
    術式無かったら殴るぐらいしかないじゃんwww

    1 風吹けば名無し :2021/04/12(月) 07:41:23.00

    天逆鉾も黒縄も破壊したせいでご都合キャラを登場させるしか手段がない模様


    【【悲報】呪術廻戦さん、最新話で「全ての術式を無効化する1000歳の天使」を登場させて炎上】の続きを読む

      mixiチェック

    呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)は、芥見下々による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2018年14号から連載中。人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画。 本作は、『ジャンプGIGA』2017 vol.1から2017 vol
    210キロバイト (35,147 語) - 2021年4月8日 (木) 04:14



    (出典 www.sankei.com)


    最近と言うより、最初から面白いとは思わない。。。

    共感出来ない。
    感動しない。
    続きが気にならない。

    1 風吹けば名無し :2021/04/12(月) 19:36:02.42

    面白くないよな?


    【【悲報】最近の呪術廻戦あんまり面白くないと言い難い雰囲気】の続きを読む

      mixiチェック

    『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ)は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。 1968年7月11日に『少年ジャンプ
    133キロバイト (15,041 語) - 2021年4月13日 (火) 01:54



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    ドラゴンボールってジャンプ+で続いてるのでは?

    ワンピースつまらなくないよ!

    【【話題】面白いのにさっさと完結させた漫画=ドラゴボ、鬼滅の刃、進撃の巨人 つまらないのに連載続けてる漫画=ゴルゴ13、ジョジョ、ワンピース】の続きを読む

      mixiチェック

    藤本 タツキ(ふじもと タツキ、1992年10月10日 - )は、日本の漫画家。秋田県にかほ市出身。秋田県立仁賀保高等学校、東北芸術工科大学美術科洋画コース卒。 幼少期からよく絵を描いていた。高校1~2年頃よりウェブコミック投稿サイト「新都社」にウェブコミックをアップしていた。後に石田スイやONE
    12キロバイト (1,191 語) - 2021年3月6日 (土) 02:36



    (出典 res.cloudinary.com)


    たのもしいね!
    今後のジャンプに期待!!!!

    1 muffin ★ :2021/03/19(金) 16:27:13.40

    https://myjitsu.jp/enta/archives/88071

    一見華やかな漫画業界だが、成功者となるのはほんの一握り。夢を追い続けて一生を終える者も少なくない。そんな中、『週刊少年ジャンプ』の新人賞から、わずか18歳の作家が誕生した。ネット上ではその作品をめぐって、「本物の天才」との呼び声が高まっている。

    いま注目を集めている作家の名前は、吉野マト。2019年12月期の『JUMP新世界漫画賞』で準入選を果たした新人作家だ。3月16日に『ジャンプ+』上で読み切り作品『ミーシア』が公開されたことで、吉野に対する注目が一気に高まった。

    同作はミステリアスな女性・ミーシアと日本人の少年・ユウマによる出会いと成長の物語。ある日、父親から虐待を受けていたユウマは、ミーシアによって目の前で父親の命を奪われる。しかし、ユウマはミーシアにお礼を言い、さらに彼女の仕事に着いていくことを望む──。

    作中ではリリカルなセリフと繊細なタッチによって、人の心を突きさす痛みのある物語が描かれていく。卓越した画力とストーリーテリングはたしかな実力を感じさせるもので、すでに名のある作家の短編と言われても納得してしまいそうだ。

    作品に触れた読者からは、《やべぇ数年ぶりにとんでもねぇ作品に出会ってしまった…》《絵柄が好みだなと思って読み始めたら止まらなかった》《映画を見てるみたいでした…。伏線の張り方と雰囲気作りが巧すぎてなんかもう怖い》と大きな反響が巻き起こっている。

    さらに衝撃的なのは、吉野の年齢だ。現在18歳になったばかりで、作品投稿時は17歳だったようだ。作品のクオリティーからは信じられないほどの若さに、ネット上では《17歳がこれ描いたってまじか。天才っすね》《本物の才能を見た気がする。こんなに感情移入できる作品を10代で描き上げるなんてすごい》《17歳の若さでこんな作品書けちゃうとか、天才勘弁してほしい》《吉野マトさん天才やん。亜城木夢叶かよ》《17歳が描く世界! 素晴らしいな! 世界は才能で満ちている!》といった声が相次いでいる。

    一般読者だけでなく、『いぬまるだしっ』で知られる漫画家・大石浩二は自身のツイッターで「とんでもない才能」と絶賛。さらに『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』を生み出したうすた京介も「間違いない」と、大石へリプを飛ばしていた。

    その一方で、吉野の作風から『チェンソーマン』の作者・藤本タツキの影響を感じ取る人も。スタイリッシュな画面構成に、説明をできるだけ省略したストーリー展開、登場人物たちの抱える無常観…。たしかに藤本作品に通じるような要素は多い。

    奇しくも吉野がデビューを果たした「JUMP新世界漫画賞」において、審査員を務めていたのは藤本だった。デビュー作『天使と悪魔』は「ジャンプ+」で公開されているのだが、そこには〝藤本タツキ先生激賞〟という一文が記されている。

    https://twitter.com/saboten122535/status/1371477038519914496
    吉野マト
    @saboten122535
    本日ジャンプ+にて読み切り「ミーシア」掲載して頂いています!楽しんで読んで頂けたら嬉しいです!よろしくお願いします
    https://shonenjumpplus.com/episode/3269632237287266104


    (出典 pbs.twimg.com)


    ★1が立った日時:2021/03/19(金) 12:09:14.99
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1616123354/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【朗報】ジャンプに“18歳”の天才マンガ家が爆誕! 『チェンソーマン』藤本タツキも認めた才能 大石浩二、うすた京介も絶賛】の続きを読む

    このページのトップヘ