みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ:漫画 > 週刊少年ジャンプ


    因島 (囲碁の節)
    が、尾道市もこの普及を引き継ぎ囲碁を市技とした。 2007年合併記念事業として秀策の生家復元と資料展示が決まり、2008年本因坊秀策囲碁記念館が開館した。石切切神社には、1926年建立された本因坊秀策碑がある。また地蔵院には秀策の墓が現存する。 白滝山五百羅漢 島の北側にある白滝山は、標高226
    47キロバイト (6,307 語) - 2020年7月26日 (日) 22:56



    (出典 pbs.twimg.com)


    囲碁の聖地なんてあったんだね!

    囲碁の世界は全然知らないけど、囲碁知ってる人は聖地の事も知ってるんだろうね!

    1 靄々 ★ :2020/08/25(火) 20:17:01.76

    「囲碁の聖地」因島石切神社が廃社へ 「ヒカルの碁」にも登場、本因坊秀策ゆかりの地

    広島県・因島にある「囲碁の聖地」因島石切神社(尾道市)が2020年内で廃社になり、神社の役目を終える。因島は江戸時代に本因坊秀策が生まれた地とされ、囲碁ファンの尊敬も集めてきた。


    因島石切神社境内にある本因坊秀策の石碑(そらみみさん撮影、Wikimedia Commonsより)

    (出典 www.j-cast.com)



    背景には後継者不在と過疎化が

    ※略

    2020年8月23日、神社に隣接の本因坊秀策記念館のツイッターアカウントが、神社の廃社が決まり、社殿の解体が始まることを伝えた。J-CASTニュースは25日、この情報をもとに、廃社をとりしきっている初代宮司の孫の左尾(さび)隆浩さん(兵庫県宝塚市・鹿塩熊野神社宮司)に廃社について取材した。

    左尾さんに取材すると、廃社の理由は後継者不在ということだった。初代宮司の没後、後妻にあたる人物が2代目の宮司を務めてきたが、19年7月に死去。因島の過疎化もあり、神社の運営に携わる地元の役員会と協議の上で廃社を決めた。既に神社から祭神を下ろす「御霊(みたま)抜き」も終え、神社としては役目を終えた状態だと左尾さんは話した。

    社殿の解体などは9月頃から始まり、数か月かかるとのことだが、本因坊秀策の石碑は残り、記念館も営業を続ける。また神社の土地は尾道市に寄贈する予定である。


    ※全文はソースからご覧ください。
    https://www.j-cast.com/2020/08/25392831.html
    2020年08月25日18時13分 J-CASTニュース


    【【悲報】広島「囲碁の聖地」因島石切神社が廃社へ「ヒカルの碁」にも登場、本因坊秀策ゆかりの地】の続きを読む


    SPY×FAMILY』(スパイファミリー)は、遠藤達哉による日本の漫画。『少年ジャンプ+』(集英社、以下『J+』)2019年3月25日より隔週月曜更新で連載中。 遠藤にとって3作目の連載作品。ホームコメディをコンセプトにしており、赤の他人だったスパイの男、殺し屋の女、超能力者の少女が「仮初の家族」
    38キロバイト (5,393 語) - 2020年10月6日 (火) 05:34



    (出典 i.pinimg.com)


    ジャンプもヒット作でてるよねぇ!

    鬼滅を超える漫画はまだ出てなこないみたいだけどね!

    1 muffin ★ :2020/01/27(月) 01:05:59.97

    https://www.oricon.co.jp/news/2154026/full/
    2020-01-27

     スパイ家族コメディー漫画『SPY×FAMILY』のコミックス累計発行部数が、電子版含め200万部を突破したことが24日、わかった。集英社によると、昨年7月の第1巻発売から約半年での200万部突破は、『週刊少年ジャンプ』のヒット作品『暗殺教室』に次ぐ異例のスピードだという。

     同作は、より良き世界のため日々、諜報任務に取り組む凄腕スパイの黄昏(たそがれ)が主人公。新たに彼の元に届いた特殊任務(ミッション)は、「家族を作り、とある名門小学校に潜入すること」で、そのために引き取った子ども・アーニャは超能力の持ち主、契約結婚を持ちかけた妻・ヨルは*屋という、任務のために“かりそめの家族”をつくり、ミッションに挑む姿が描かれる。

     昨年3月に漫画アプリ『少年ジャンプ+』で連載がスタートすると、同アプリ初となる1話で2000以上のコメントを獲得し、最新話が公開されると閲覧数が100万人を超える人気作品に。「次にくるマンガ大賞」WEBマンガ部門、「このマンガがすごい!2020」オトコ編などいろんな賞で第1位を獲得したほか、『マンガ大賞2020』(大賞発表は3月中旬~下旬予定)のノミネート作品12作品のひとつに選ばれるなど話題となっている。

     4日に発売された最新3巻と重版により累計200万部突破したことについて、作者の遠藤達哉氏は「たくさんの方々に拙作をお届けできて、本当に本当にうれしいです。4巻5巻とさらに楽しんでいただけるようがんばりますので、お付き合いくだされば幸いです」と喜びのコメントを寄せた。


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【驚愕】ジャンプ漫画『SPY×FAMILY』異例のヒット 『暗殺教室』に次ぐ半年で200万部突破】の続きを読む


    古舘 春一(ふるだて はるいち、1983年3月7日 - )は、日本の漫画家。岩手県軽米町出身。仙台デザイン専門学校卒。 高校を卒業するまでは岩手県に住み、中学、高校時代にはミドルブロッカーとしてバレーボール部に所属していた。高校卒業後は仙台デザイン専門学校に進学する。以後8~9年間は宮城県に住んでいた。
    9キロバイト (861 語) - 2020年7月21日 (火) 03:53



    (出典 www.famitsu.com)


    ハイキュー!!
    8年半の間お疲れ様でした!

    しかし、5ちゃんねるの人達って辛口評価ばかりなのねwww

    1 muffin ★ :2020/07/13(月) 00:35:46.06

    https://natalie.mu/comic/news/387364
    2020年7月13日

    古舘春一「ハイキュー!!」が、7月20日発売の週刊少年ジャンプ33号(集英社)で最終回を迎える。本日7月13日発売の同誌32号で発表された。

    「ハイキュー!!」は類まれな瞬発力と跳躍力が武器の日向翔陽と、天才と称されるセッター・影山飛雄のコンビを中心に描くバレーボールもの。週刊少年ジャンプにて2012年2月より連載中で、単行本は43巻まで刊行されている。TVアニメ、演劇、小説、ゲーム化など幅広いメディア展開も行われてきた。単行本44巻と、星希代子が手がける小説「ハイキュー!! ショーセツバン!! XII」は8月4日に同時発売予定。

    週刊少年ジャンプ32号では「ハイキュー!!」が表紙と巻頭カラーで登場したほか、妖怪世代(モンスター・ジェネレーション)より、日向、影山、牛島、木兎を描いたポスターも付属。ポスターの裏面には日向、影山、牛島、木兎による座談会が掲載されている。

    なお最終回はセンターカラー28ページで掲載。最終回の複製原稿が応募者全員サービスでプレゼントされるほか、アニメや演劇のキャスト陣、クリエイターからのお祝いコメントも収められる。


    (出典 ogre.natalie.mu)


    【【漫画】週刊少年ジャンプ・古舘春一「ハイキュー!!」ジャンプで8年半の連載に幕】の続きを読む


    サムライ8 八丸伝』(サムライエイト はちまるでん)は、岸本斉史(原作)・大久保彰(作画)による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2019年24号から2020年17号まで連載された。 岸本にとっては、『NARUTO -ナルト-』本編の連載終了から約4年半ぶりに『週刊少年ジャンプ』で連載した作品。
    32キロバイト (5,017 語) - 2020年9月30日 (水) 11:56



    (出典 i0.wp.com)


    NARUTOを超えるって!?
    それは難しいっしょ!!

    サムライ8ってサムライ7の続編なのかな?www

    自分で作画してないんだwww

    1 muffin ★ :2018/12/24(月) 12:29:49.44

    https://natalie.mu/comic/news/313500
    2018年12月23日 16:00

    岸本斉史が原作を担当する新連載「サムライ8(エイト) 八丸伝」が、2019年春に週刊少年ジャンプ(集英社)にてスタートすることが、千葉・幕張メッセにて開催されている「ジャンプフェスタ2019」のジャンプスーパーステージにて本日12月23日に発表された。

    「サムライ8 八丸伝」では大久保彰が作画を担当。会場では来場者に向けての岸本からのメッセージが読み上げられ、岸本は「ぼくは和モノが好きです。その文化や装飾にワクワクします。そしてSFモノが好きです。そのギミックや設定にワクワクします。なのでこの好きなの2つを混ぜちゃって作品を描く事にしました」「NARUTOより面白くするのに必死!!」と語った。


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    『サムライ8 八丸伝』告知動画

    (出典 Youtube)


    【【話題】岸本斉史原作「サムライ8」「NARUTO」より面白くするのに必死!!】の続きを読む


    白書』(ゆうゆうはくしょ)は、冨樫義博による日本の漫画。 主人公の浦飯助とその仲間たちの活躍を描く冒険活劇。主人公が死亡するところから物語が始まり、生き返る試練を受けることになる。 『週刊少年ジャンプ』(集英社)1990年51号から1994年32号にかけて連載された(全175話+外伝1話
    64キロバイト (10,178 語) - 2020年9月27日 (日) 07:37



    (出典 img2.animatetimes.com)


    『幽☆遊☆白書』はどんなストーリーだっけ?

    昔見たのは覚えてるけどストーリーわすれちゃったwww

    1 シャチ ★ :2020/09/20(日) 20:14:01.18

     昨年8月に初上演された舞台『幽☆遊☆白書』の続編『舞台「幽☆遊☆白書」其の弐 』が、12月に東京・大阪・京都で上演されることが決定した。キャストは続投で、主演・浦飯幽助役を崎山つばさ、桑原和真役を郷本直也、蔵馬役を鈴木拡樹、飛影役を橋本祥平、コエンマ役を荒木宏文が担当する。

    【集合写真】「霊丸!」幽助ら5人集結!原作衣装を完全再現したイケメン俳優たち

     舞台化は2017年にアニメ化25周年を迎えた記念の一環として企画されたもので、昨年8月に作品として初の舞台上演。続編のストーリー内容は追って発表されるが、前作は霊界犯罪人*リストに名を連ねる妖怪盗賊の蔵馬、飛影、剛鬼が、霊界大秘蔵館から闇の三大秘宝「降魔の剣」「暗黒鏡」「餓鬼玉」を盗み、それを幽助が取り返す物語が展開された。

     キャストは崎山、郷本、鈴木、橋本、荒木のほか、雪村螢子役の未来、ぼたん役の平田裕香、幻海役のエリザベス・マリーも出演し、続編となる今回の舞台も引き続き出演。また、演出を前作も担当した伊藤栄之進(御笠ノ忠次)氏のほか、俳優・声優などマルチに活躍する加古臨王氏、コエンマを演じる荒木の3人が務める。

     東京公演は12月4日~15日にステラボール、大阪公演は12月18日~20日にCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホール、京都公演は12月23~30日に京都劇場で上演。チケットは20日午後2時より先行受付がスタートした。料金は1万3000円(税込)。

     幽助役の崎山は「舞台『幽☆遊☆白書』第二弾は前回、大千秋楽のカーテンコールで言いましたいつか国立競技場での公演を実現すべく望んで参る所存でございます。ビックタイトルなだけに決して名前負けせず常に実現不可能を可能にしていけるような演劇を作れたらと思います」と意気込み。

     「なによりも、皆様が安全に『幽☆遊☆白書』という作品と演劇という時間を過ごせるよう自分自身も気を引き締めてけいこから励んでいきたいと思います。まずはじめに、指一本で針の上に逆立ちすることを可能にできるよう山に籠るべきか考えます」とコメントを寄せた。

     『幽☆遊☆白書』は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で1990から94年にかけて連載され、同誌の黄金時代を支えた名作。主人公の浦飯幽助とその仲間たちの活躍を描いた冒険活劇で、幽助が死亡するところから始まり、生き返ると霊界探偵として活動し、戸愚呂など数多くの妖怪たちと死闘を繰り広げていく。

     迫力あるバトルと感動のドラマが人気となり、コミックス全19巻で累計発行部数5000万部を突破。ゲーム化や1992年から95年にかけてテレビアニメがフジテレビ系列で放送(全112話)され、2017年にアニメ化25周年を迎えたこともあり、今でもさまざまな形でメディアミックス展開が企画されている。

    9/20(日) 14:00配信 オリコン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a46a08faef4f1cc58f0f9eef11fe151e10522dd7
    画像
    舞台「幽☆遊☆白書」其の弐のビジュアル (C)舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会 (C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【話題】舞台『幽☆遊☆白書』続編、12月に上演決定 キャスト続投で幽助役は崎山つばさ】の続きを読む

    このページのトップヘ