みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ:NARUTO -ナルト- >


    <NARUTOまとめ>鷹 重吾【画像あり】


    NARUTO -ナルト-の登場人物 (重吾からのリダイレクト)
    産に立ち会い、その記念に臍の緒を貰っていた。サスケへの恋心は彼の幸せを願って潔く身を引いたようで、サクラとは友人同士になっている。 重吾ジュウゴ - 阪口周平 オレンジ髪で大きめの鼻を持つ大柄な青年。本来はおとなしい性格であるが、精神の一部に異常な殺人衝動が隠れており、その衝動をコントロー
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年8月4日 (火) 05:37



    オレンジ髪で大きめの鼻を持つ大柄な青年。本来はおとなしい性格であるが、精神の一部に異常な殺人衝動が隠れており、その衝動をコントロールできない自分を更生させるために「自ら望んで」北アジトの人体実験場に囚われていた。その際に大蛇丸から呪印を受けており、この呪印によって「体の一部を戦闘に特化した形に変化させる」「呪印を聴覚にのみ作用させ、小動物と意志の疎通を図る」「自分が縮む代わりに負傷した他人に自分の血肉を分け与える」「他人の血肉を取り込んで自分を回復させる」などの多彩な術を使う。重吾の一族は自然エネルギーを取り込むことのできる体質を持っており、一族ではこの呪印のオリジナルとなった力を「仙人化」と呼んでいた。
    かつては生前の君麻呂に対して「自分の殺人衝動を抑えることができる唯一の人物」という理由で心を開いており、君麻呂が命に代えて招き入れたサスケの価値を見極めるために同行していた。第二部の五影会談では雷影・エーと交戦となり、呪印を最大解放して戦うも敗北。その後水月と共にサスケに置いていかれ、侍に見つかり牢に閉じ込められるも、第四次忍界大戦開始からほどなく脱出する。その少し後に水月と共にサスケと合流して戦場に向かい、サスケがナルトと共に十尾の人柱力となったオビトに挑んだ際には、サスケに仙術チャクラを提供している。

    【<NARUTOまとめ>鷹 重吾【画像あり】】の続きを読む


    <NARUTOまとめ>鷹 香燐【画像あり】


    NARUTO -ナルト-の登場人物 (カテゴリ 出典を必要する記事/2018年7月)
    香燐(カリン) 声 - 東條加那子行成とあサスケ真伝BORUTO) 南アジト監獄の管理者であるくノ一。うずまき一族の末裔であり、赤い髪眼鏡が特徴。基本的に乱暴な口調で喋るが、好意を抱いているサスケ2人きりになった時は態度を軟化させている。周囲のチャクラを
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年8月4日 (火) 05:37



    南アジト監獄の管理者であるくノ一。うずまき一族の末裔であり、赤い髪と眼鏡が特徴。基本的に乱暴な口調で喋るが、好意を抱いているサスケと2人きりになった時は態度を軟化させている。周囲のチャクラを正確に感知する能力を持ち、自身のチャクラを消して他人の感知から逃れることも可能。またチャクラの乱れを感知することで、相手が嘘をついているかを見抜くこともできる。自分の体を噛んだ者を(自身も含め)回復させる能力を持っており、彼女の上半身には無数の噛み痕らしきものが残っている。
    第二部では大蛇丸が倒された後、サスケにその能力を買われて同行することになった。キラービーとの戦闘では、サスケが放った「天照」の黒炎が着火してしまったが、土壇場で右目の万華鏡の力を解放したサスケによって火を消されて難を逃れる。五影会談の後にサスケがダンゾウを襲撃した際には、サスケを回復させた直後にダンゾウに人質に取られるが、足手纏いだと突き放されダンゾウごと「千鳥」で体を貫かれて倒れ、ダンゾウが殺害された後サスケに止めを刺されそうになるが、サスケを追ってきたサクラの治療により一命を取り留める。
    その後木ノ葉に連行されて尋問を受け拘禁を受け、牢ではサスケのブロマイドに語りかけるなど表向きは気が触れたように振る舞っていたが、隙をついてこのブロマイドの裏に忍ばせてあったピッキング道具を使用して脱獄する。第四次忍界大戦ではちょうど先代火影たちと共に戦場に向かおうとしていた大蛇丸や「鷹」のメンバー達と合流し、サスケに殺されかけたことは水に流して自らも戦闘に参加した。トビ(グルグル)との戦いでは、うずまき一族に伝わる封印術「金剛封鎖」を発現する。
    戦後は南アジトに戻り、サクラがサスケと共に旅をしていた時期に南アジトでサラダの出産に立ち会い、その記念に臍の緒を貰っていた。サスケへの恋心は彼の幸せを願って潔く身を引いたようで、サクラとは友人同士になっている。

    【<NARUTOまとめ>鷹 香燐【画像あり】】の続きを読む


    <NARUTOまとめ>鷹 鬼灯水月【画像あり】


    鬼灯水月ほおずき スイゲツ - 近藤隆 大蛇丸の獄に封じられていた霧隠れ出身の青年で、鬼灯満月の弟にして「鬼人・再不斬の再来」とまで言われる神童。「霧の忍刀七人衆」の刀を全て集め、新たな七人衆を結成してそのリーダーとなることを夢見ている。戦闘では体を液体化させる独自の遁忍術「
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年8月4日 (火) 05:37



    大蛇丸の獄に封じられていた霧隠れ出身の青年で、鬼灯満月の弟にして「鬼人・再不斬の再来」とまで言われる神童。「霧の忍刀七人衆」の刀を全て集め、新たな七人衆を結成してそのリーダーとなることを夢見ている。戦闘では体を液体化させる独自の水遁忍術「水化の術」とその応用術を操るも、雷遁による攻撃は苦手としている。第二部からは、大蛇丸を倒し自分を解放したサスケの実力を認めてサスケに同行。その後、波の国にあった再不斬の墓から断刀・首切り包丁を「受け継ぐ」という名目で盗み取る。
    キラービーとの戦闘では身を挺して仲間を救おうともしたものの、尾獣化したキラービーの一撃で戦闘不能にされるが、キラービーを倒したサスケと重吾に救われる。その後五影会談に潜入した際には重吾と共にサスケに置いていかれ、侍に見つかり牢に閉じ込められるが、第四次忍界大戦開始からほどなくして重吾と共に脱出しサスケを探索する内に、大蛇丸のアジトで戦争をも左右しかねないような資料を発見。その後、穢土転生を止めイタチと別れたサスケと合流し、復活した大蛇丸たちと行動を共にする。
    戦後は、香燐・重吾と共に再び大蛇丸の配下に戻っている。アジトを訪れたサラダが自身の出生について疑惑を持ち、彼女から自身と香燐のDNA検査をすることを頼まれ、香燐の机の中にあった臍の緒を勝手に持ち出して検査してしまったことで、思わぬ誤解を生んでしまった。

    【<NARUTOまとめ>鷹 鬼灯水月【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ