みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ:NARUTO -ナルト- > 波の国


    <NARUTOまとめ>波の国 ゾウリ・ワラジ【画像あり】


    鎖で繋いで標的を捕らえてバラバラにする。第一部騒動ではタズナ暗殺を試みるも、あえなくカカシに敗れて失敗に終わった。その後消息は不明。 ゾウリワラジ - 奥田啓人酒井敬幸 ガトーのボディガードでそれぞれ居合い使い手。ゾウリは常に帽子を被っており、ワラジ
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年8月4日 (火) 05:37



    ガトーのボディガードでそれぞれ居合いの使い手。ゾウリは常に帽子を被っており、ワラジは上半身裸で眼帯を着けている。ツナミを襲い助け出そうとしたイナリを殺そうとするが、駆けつけたナルトに倒された。アニメ版「疾風伝」ではナルト達が波の国を去った後に略奪行為を行おうとしていたが、引き返してきたナルトとサスケ、そして島の住民達によって拘束された。

    【<NARUTOまとめ>波の国 ゾウリ・ワラジ【画像あり】】の続きを読む


    <NARUTOまとめ>波の国 鬼兄弟【画像あり】


    盾とされて再不斬の攻撃チャンスを作されるが寸前で避けられ、「布縛り術」で拘束・封印された。 鬼兄弟おにきょうだい - くわはら利晃 再不斬の配下で元霧隠れ中忍兄弟。兄業頭(ごうず)と弟冥頭(めいず)によるコンビ。兄冷静で残虐、弟凶暴な性格。双方が身
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年8月4日 (火) 05:37



    再不斬の配下で元霧隠れの中忍の兄弟。兄の業頭(ごうず)と弟の冥頭(めいず)によるコンビ。兄は冷静で残虐、弟は凶暴な性格。双方が身に付けた特殊な籠手を刃付きの鎖で繋いで標的を捕らえてバラバラにする。第一部の波の国の騒動ではタズナの暗殺を試みるも、あえなくカカシに敗れて失敗に終わった。その後の消息は不明。

    【<NARUTOまとめ>波の国 鬼兄弟【画像あり】】の続きを読む


    <NARUTOまとめ>波の国 白【画像あり】


    いていけなかったのは、再不斬自身の気付かないところで死に動揺していたからだとカカシが明かしている。 ハク - 浅野まゆみ - 今村美歩 元霧隠れの追い忍。常に追い忍時代仮面を着けており、仮面顔はナルトに女と間違われるほど美少年で、ナルトからは「サクラよりも可愛い」と評され
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年8月4日 (火) 05:37



    元霧隠れの追い忍。常に追い忍時代の仮面を着けており、仮面の下の顔はナルトに女と間違われるほどの美少年で、ナルトからは「サクラよりも可愛い」と評されたほど。幼い頃に再不斬に拾われて戦闘術を教わっており、再不斬の里抜けの際に彼に従って共に里を抜けた。雪一族の末裔であり、水と風の性質変化を組み合わせて氷を作り出す血継限界・氷遁の使い手だったが、幼少期に妻子の持つ血継限界を畏怖した父により母(声 - 皆川純子)を殺され、自分も殺されそうになり術で父を殺めてしまったという悲劇から、自身の存在を認めてくれた再不斬を心から慕っている。
    第一部の波の国の騒動では、一度はカカシによって追い詰められた再不斬を「抜け忍狩り」を装って抹殺したように見せかけて助け、大橋での戦いではナルト・サスケと交戦し、切り札の「秘術・魔鏡氷晶」を用いた高速攻撃で2人を攻撃、気絶したナルトを庇ったサスケを瀕死に追い込んだ(しかしわざと急所を外して攻撃していた)が、九尾のチャクラを纏ったナルトに追い詰められ、正体を明かした後に自分をナルトに殺させようとするが、再不斬の危機を感じ取り、カカシの「雷切」を受けそうになった彼の前に身を投げ出し死亡した。遺体は直後に死亡した再不斬と共に波の国に葬られた。
    第四次忍界大戦ではカブトの「穢土転生」によって再不斬と共に蘇生されカカシやサクラと再会。再不斬が自分同様に蘇生されていたことから、再不斬を守れなかったことを知り自責の念に駆られたが、戦闘中に再不斬の本当の想いを語ってくれたカカシの言葉に涙を流した。直後にカブトによって意識を消され、かつての波の国での戦いと同様にカカシの「雷切」の盾とされて再不斬の攻撃のチャンスを作らされるが寸前で避けられ、「布縛りの術」で拘束・封印された。

    【<NARUTOまとめ>波の国 白【画像あり】】の続きを読む


    <NARUTOまとめ>波の国 桃地再不斬【画像あり】


    再不斬逆鱗に触れ、捨て身特攻を受けて首を刎ねられ(アニメ版では心臓を突き刺された挙句、海に落とされ)死亡した。 桃地再不斬ももち ザブザ - 石塚運昇 - 内田朝陽断刀首斬り包丁の使い手。口を包帯で覆っている。かつては霧隠れ暗部忍であり、「霧隠れ
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年8月4日 (火) 05:37



    「断刀・首斬り包丁」の使い手。口を包帯で覆っている。かつては霧隠れの暗部の忍であり、「霧隠れの鬼人」としてその名を轟かせていた。「無音殺人術(サイレントキリング)」の達人であり、「霧隠れの術」などの水遁系の術を得意とする。忍術・体術・分析力の全てが優れており、カカシとも互角に渡り合った。腹心の部下・白のことは道具のように扱っていたが、本当は忍としてのあるべき姿と純粋に自分を疑わず慕い付き従う白への情とのジレンマに苦悩していた。
    第一部ではガトーに雇われてタズナの暗殺を請け負い、彼の護衛を担当する第七班と戦闘となりカカシを「水牢の術」で閉じ込めるも、ナルトとサスケの奇策により術を外され、カカシの写輪眼に翻弄されて敗北したが、白の芝居により止めを刺されるには至らなかった。再戦時は初戦時に得たデータを基に写輪眼を封じ、得意の無音殺人術でカカシを追い詰めるが、カカシのオリジナル忍術により逆転され再度敗北を喫した。
    直後に雇い主のガトーに裏切りを宣言されるが、白の死を愚弄されたことに怒って決死の特攻を仕掛け、ガトーの部下達の攻撃を受けながらもガトーの首を刎ねて殺害することに成功したが、自身も同時に力尽きてカカシに白の隣に運ばれ、白の隣で涙を流しながら息を引き取った。遺体は白と共に波の国に葬られた。
    第四次忍界大戦ではカブトの「穢土転生」によって白と共に蘇生され、戦場でカカシやサクラと再会。ナルトが成長したことをカカシから聞き、意識を消される間際に既に「人間として死んだ」自分を止めるよう頼む。カカシの「雷切」を止めに掛かった(身代わりにさせられた)白ごと斬るも寸前でカカシを切断するには至らず、左腕を砕かれた上に「雷切」を受けて敗北し、「布縛りの術」で拘束・封印された。この戦いの際に、かつて再不斬がカカシに敗北した時、カカシの動きに再不斬がついていけなかったのは、再不斬自身の気付かないところで白の死に動揺していたからだとカカシが明かしている。

    【<NARUTOまとめ>波の国 桃地再不斬【画像あり】】の続きを読む


    <NARUTOまとめ>波の国 ガトー【画像あり】


    ガトー - 坂東尚樹 海運会社ガトーカンパニーを経営する大富豪。裏ではギャングや忍使い、麻薬や禁制品の販売、企業や国の乗っ取りまで行っていた悪徳組織の長であり、波の国乗っ取り物流遮断し富独占して波の国貧困に追い込んだ。第一部では抜け忍である再不斬ら雇い、橋の建設による新たな物流
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年8月4日 (火) 05:37



    海運会社・ガトーカンパニーを経営する大富豪。裏ではギャングや忍を使い、麻薬や禁制品の販売、企業や国の乗っ取りまで行っていた悪徳組織の長であり、波の国を乗っ取り物流を遮断し富を独占して波の国を貧困に追い込んだ。第一部では抜け忍である再不斬らを雇い、橋の建設による新たな物流を試みるタズナを暗殺しようと企むが、実は再不斬に対しては最終的に裏切る腹積もりであり、カカシとの戦闘で重傷を負った再不斬の前にならず者達を引き連れて現れ、再不斬に対して裏切りを宣言したが、白の死体を蹴飛ばしたことが再不斬の逆鱗に触れ、捨て身の特攻を受けて首を刎ねられ(アニメ版では心臓を突き刺された挙句、海に落とされ)死亡した。

    【<NARUTOまとめ>波の国 ガトー【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ