みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ:NARUTO -ナルト- > 音隠れの里


    <NARUTOまとめ>音隠れの里 君麻呂【画像あり】


    NARUTO -ナルト-の登場人物 (君麻呂からのリダイレクト)
    れ呪印の状態1・2で軽く防いだが、最後のトンガラシ丸を使った捨て身の攻撃「蝶弾爆撃」の前に敗れた。 君麻呂きみまろ - 森川智之津村まこと幼少期) 五人衆のリーダー。通り名は「地の君麻呂」。一人称は「僕」。体内の骨を自在に操る血継限界「屍骨脈」を持ち、早蕨の舞以外に忍術を使わず主に骨を
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年8月4日 (火) 05:37



    五人衆のリーダー。通り名は「地の君麻呂」。一人称は「僕」。体内の骨を自在に操る血継限界「屍骨脈」を持ち、早蕨の舞以外に忍術を使わず主に骨を利用した剣術・体術で戦う。状態2では背中から体中の骨が飛び出し、尻尾が生えた姿形になる。五人衆の中では最強であり、他のメンバーからも恐れられている。かつて霧隠れの里に戦いを挑んで滅んだ戦闘民族・かぐや一族の最後の一人であり、幼い頃に一族が滅び路頭に迷っていた所を大蛇丸に拾われ、以降は大蛇丸を彼のためなら命をも投げ出すことをも厭わないほどに慕っていた。かつては新しい器の候補として大蛇丸から「地の呪印」を授けられていたが、死の病に侵されたためその価値を失っていた。波の国の北アジトにいた頃は重吾が気を許し、かつ彼の殺人衝動を止めることができる唯一の人間だった。
    サスケの回収任務では治療を受けていたが、カブトの策略で追手の足止めとして起用され出撃、多由也から仮死状態のサスケが入った棺桶を受け取り、追ってきたナルトを圧倒するも、直後に代わって参戦したリー、さらに助太刀に入った我愛羅を相手に死闘を繰り広げ、我愛羅の大技で地中深くに生き埋めにされながらも「早蕨の舞」であと一歩のところまで追い詰めるが、止めを刺す寸前に寿命が尽きて息絶えた。第四次忍界大戦ではカブトの「穢土転生」によって蘇生され、第5部隊の侍達や九尾チャクラモードを会得したナルトの分身体と交戦したが、イタチの幻術によってカブトが「穢土転生の術」を解除させられたことにより昇天した。

    【<NARUTOまとめ>音隠れの里 君麻呂【画像あり】】の続きを読む


    <NARUTOまとめ>音隠れの里 次郎坊【画像あり】


    NARUTO -ナルト-の登場人物 (次郎坊からのリダイレクト)
    で瀕死の状態まで追い込むが、糸の中にチャクラを流し込まれて動きを止められ、とどめの「絶招・八門崩撃」により倒された。 次郎坊じろうぼう - 三宅健太 通り名は「南門の次郎坊」。モヒカンと頭の両側にだけ髪がある独特の髪型をした肥満体型の男。敵のチャクラを吸い取る事を食事の一環としている。普段
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年8月4日 (火) 05:37



    通り名は「南門の次郎坊」。モヒカンと頭の両側にだけ髪がある独特の髪型をした肥満体型の男。敵のチャクラを吸い取る事を食事の一環としている。普段は冷静沈着であり多由也の口の悪さをよく注意しているが、彼自身も敵に対しては口が悪い。四人衆のメンバーからは陰では足手纏い扱いされていた。敵のチャクラを吸い取ることが出来る他、土遁系忍術や破壊力のある体術系の攻撃をする。状態2は身体が強化され、腕や顔にはイボのようなものができる。サスケの回収任務ではチョウジと交戦し、チョウジをクズ呼ばわりして侮っており、チョウジの三種の秘伝の丸薬のうちホウレン丸とカレー丸による普段の実力以上の猛攻をそれぞれ呪印の状態1・2で軽く防いだが、最後のトンガラシ丸を使った捨て身の攻撃「蝶弾爆撃」の前に敗れた。

    【<NARUTOまとめ>音隠れの里 次郎坊【画像あり】】の続きを読む


    <NARUTOまとめ>音隠れの里 鬼童丸【画像あり】


    に現れたテマリに唯一の武器である笛の音を防がれ、遠距離からの「風遁・斬り斬り舞」を受けて木々の下敷きになり死亡した。 鬼童丸きどうまる - 千葉進歩 通り名は「東門の鬼童丸」。口癖は「~ぜよ」。6本の手と額当てに隠したものを含む3つの目を持ち、口から蜘蛛のように糸を出す。この糸は自身の特殊
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年8月4日 (火) 05:37



    通り名は「東門の鬼童丸」。口癖は「~ぜよ」。6本の手と額当てに隠したものを含む3つの目を持ち、口から蜘蛛のように糸を出す。この糸は自身の特殊な体液にチャクラを混ぜて作られており、ワイヤーよりも細く粘着性があり、象が二頭で引っ張りあっても切れないほどの強度を持つ。また、巨大蜘蛛を口寄せして無数の小蜘蛛を生み出させ、そしてその糸を硬質化して武器や鎧に変え、攻撃・防御を行う。状態2は額にある第三の目を開いてさながら蜘蛛のような姿になり、高い命中精度を誇る弓矢を扱う。サスケの回収任務ではネジと戦闘になり、白眼の死角から矢を執拗に打ち込んで瀕死の状態まで追い込むが、糸の中にチャクラを流し込まれて動きを止められ、とどめの「絶招・八門崩撃」により倒された。

    【<NARUTOまとめ>音隠れの里 鬼童丸【画像あり】】の続きを読む


    <NARUTOまとめ>音隠れの里 多由也【画像あり】


    現れたカンクロウの傀儡に妨害されて負傷し、カンクロウ「黒秘技・機々一発」で揃って全身を串刺しにされて死亡した。 多由也たゆや - 渡辺明乃 五人衆の紅一点。通り名は「北門多由也」。一人称は「ウチ」。赤い長髪で3本管が付い黒い帽子ようなものを被っている。口が悪いため、よく次郎坊に注
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年8月4日 (火) 05:37



    五人衆の紅一点。通り名は「北門の多由也」。一人称は「ウチ」。赤い長髪で3本の管が付いた黒い帽子のようなものを被っている。口が悪いため、よく次郎坊に注意されている。戦闘では魔笛を使い、この音で物質化霊を操ったり幻術を発動させたりして攻撃する他、三匹の怒鬼を口寄せして操ることもできる。状態2は両側のこめかみから角が生え鬼のような姿になる。サスケの回収任務ではシカマルと交戦し、笛の音による幻術でシカマルを極限まで苦しめるが、増援に現れたテマリに唯一の武器である笛の音を防がれ、遠距離からの「風遁・斬り斬り舞」を受けて木々の下敷きになり死亡した。

    【<NARUTOまとめ>音隠れの里 多由也【画像あり】】の続きを読む


    <NARUTOまとめ>音隠れの里 左近・右近【画像あり】


    張ってヒルゼン大蛇丸ごと閉じ込め、その後負傷した大蛇丸連れて木ノ葉から脱出した。 左近(さこん)、右近(うこん) - 咲野俊介 君麻呂を除く四人衆の中ではリーダー的な存在。通り名は「西門左近」。普段は一見右目前髪で隠した弟左近が1人でいるように見えるが、その間左目
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年8月4日 (火) 05:37



    君麻呂を除く四人衆の中ではリーダー的な存在。通り名は「西門の左近」。普段は一見右目を前髪で隠した弟の左近が1人でいるように見えるが、その間左目を前髪で隠した兄・右近は体の中で眠りについており、戦闘中には目覚めて手助けをする。「双魔の攻」という血継限界を持ち、互いの肉体を分離・結合させ、結合中に主体でない方の手足を出して戦闘を行う。状態2は角のようなものが生え鬼のような姿になる。
    サスケの回収任務ではキバと交戦し、右近が「寄生鬼壊の術」でキバに融合して細胞を削り取ろうとしたが、術の仕組みを見抜いたキバが自らの体を攻撃したことで左近共々重傷を負った。その後赤丸を連れて逃げたキバを二人がかりで捜索し、左近がキバが残していった上着を身に着けることで自らの匂いを遮断して至近距離まで接近したが、増援に現れたカンクロウの傀儡に妨害されて負傷し、カンクロウの「黒秘技・機々一発」で揃って全身を串刺しにされて死亡した。

    【<NARUTOまとめ>音隠れの里 左近・右近【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ