みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ:NARUTO -ナルト- > 砂隠れの里(風の国)


    <NARUTOまとめ>砂隠れの里 三代目風影【画像あり】


    NARUTO -ナルト-の登場人物 (風影からのリダイレクト)
    奇襲部隊派遣した、ナルト達の協力で撃退された事判明している。さらに第三次忍界大戦中霧隠れとの関係悪化防ぐため、四代目風影・羅砂と共にパクラを死亡させた。 三代目風影 - 河合みのる チャクラを磁力に変えることができる特殊な体質と、かつての守鶴の人柱力使用した術利用して、砂鉄
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年7月6日 (月) 11:59



    チャクラを磁力に変えることができる特殊な体質と、かつての守鶴の人柱力が使用した術を利用して、砂鉄を変幻自在に操る血継限界の1つ・磁遁を開発し、その術によって歴代最強の風影と謳われた。しかし、ある日突然里から姿を消し、里の忍達は必死に捜索したが遂に見つかることはなかった。疾風伝では失踪後も暗部が密かに調査を続けていた事がエビゾウから語られたが、現在に至るまで死体はおろか移動した痕跡すら見つかっていないという。だが、実は同里の忍であったサソリに殺害されており、遺体は持ち去られて傀儡人形にされていたことが判明した。
    疾風伝アニメオリジナル「イタチ真伝篇」では大蛇丸によって穢土転生で蘇生され、追っ手のデイダラとサソリと交戦させられる。自身を殺したサソリを相当恨んでおり、蘇生された際には恨み言を述べていた。風影としての自分に誇りを持っているらしく、大蛇丸の発言に激怒して自我を消された後に術の支配に抗って自我を取り戻す実力を見せた(大蛇丸曰く術が不完全なことも原因らしい)。

    【<NARUTOまとめ>砂隠れの里 三代目風影【画像あり】】の続きを読む


    <NARUTOまとめ>砂隠れの里の相談役 エビゾウ【画像あり】


    情報を連合軍忍に教えていた。最終的に「穢土転生」解除によって昇天した。疾風伝では、過去行いに後悔しつつも、カンクロウに傀儡奥義を実戦法式で伝授させようとした経緯が描かれている。 エビゾウ - 城山堅 砂隠れの里の相談役でチヨバア弟。同里の忍からは「エビゾウ
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年7月6日 (月) 11:59



    砂隠れの里の相談役でチヨバアの弟。同里の忍からは「エビゾウ爺様」と呼ばれている。かつては凄腕の軍師として忍世界に名を馳せ、チヨの傀儡の術と彼の策で多くの戦いにおいて里の勝利に貢献してきた。原作では風影奪還編序盤と終盤にしか登場していないが、疾風伝では我愛羅の下へ向かうテマリたちに同行する場面が描かれ、我愛羅の奪還に熱くなるテマリたちを諭し、彼女達に三代目風影の失踪の事件を語った。

    【<NARUTOまとめ>砂隠れの里の相談役 エビゾウ【画像あり】】の続きを読む


    <NARUTOまとめ>砂隠れの里の相談役 チヨ【画像あり】


    チヨ - 谷育子 砂隠れの里の相談役。暁サソリ祖母。通称チヨバア。里の忍達からは「チヨバア様」と呼ばれている。砂隠れの同盟国やそれ以外の里と多くつながりを持つパイプ役。熟練傀儡師であり、幼少サソリに傀儡術を叩き込んだ師匠でもある。また封印術
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年7月6日 (月) 11:59



    砂隠れの里の相談役。暁のサソリの祖母。通称チヨバア。里の忍達からは「チヨバア様」と呼ばれている。砂隠れの同盟国やそれ以外の里と多くつながりを持つパイプ役。熟練の傀儡師であり、幼少のサソリに傀儡の術を叩き込んだ師匠でもある。また封印術の心得もあるらしく、かつて四代目風影と共に生まれたばかりの我愛羅に守鶴(一尾)を憑依させた。第三次忍界大戦では息子夫婦を木ノ葉のはたけサクモに殺害されており、始めてカカシと出会った時には彼をサクモと見間違えて襲いかかっていた。綱手とはかつて交戦した際に、自分が作り出した毒物を瞬時に解析されて対抗策を編み出されたりと、ある種因縁の仲だとサクラに語っている。
    風影奪還任務では木ノ葉の第三班と共に行動し、サクラと共にサソリと戦闘となり繰り広げ辛くも勝利したが、サソリの毒で傷を受けてしまった。その後守鶴を抜かれて死亡した我愛羅を蘇生させるために、死を承知で転生忍術の「己生転生」を使用し、ナルトたちに忍の未来を託して静かにこの世を去った。第四次忍界大戦ではカブトの「穢土転生」によって蘇生され、ミフネ率いる第5部隊と交戦する。半蔵と戦ったことがあり、その時の情報を連合軍の忍に教えていた。最終的に「穢土転生」解除によって昇天した。疾風伝では、過去の行いに後悔しつつも、カンクロウに傀儡の奥義を実戦法式で伝授させようとした経緯が描かれている。

    【<NARUTOまとめ>砂隠れの里の相談役 チヨ【画像あり】】の続きを読む


    <NARUTOまとめ>砂隠れの里の上忍 マキ【画像あり】


    存在を快思っていなかった。 マキ - 東内マリ子 砂隠れの里の上忍のくノ一。布を使った忍術使い手。疾風伝ではかつてパクラ弟子であったこと、両親を霧隠れに殺された過去が明かされている。第四次界大戦では連合封印班に配属され、カブト
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年7月6日 (月) 11:59



    砂隠れの里の上忍のくノ一。布を使った忍術の使い手。疾風伝ではかつてパクラの弟子であったこと、両親を霧隠れに殺された過去が明かされている。第四次忍界大戦では忍連合の封印班に配属され、カブトの「穢土転生」で蘇生されたパクラと交戦、パクラを説得して封印することに成功した。

    【<NARUTOまとめ>砂隠れの里の上忍 マキ【画像あり】】の続きを読む


    <NARUTOまとめ>砂隠れの里の上役 由良【画像あり】


    由良ユウラ - 渡辺英雄 里の上役第二部開始の4年前に就任)である忍であり、里の警備部隊隊長。暁行動が活発化したことを自ら積極的察知するなど働きぶりで周囲から信頼も厚かったが、実は暁サソリ配下でありスパイ活動を行っていた。「潜脳操砂術」によって暁時代
    276キロバイト (55,010 語) - 2020年7月6日 (月) 11:59



    里の上役(第二部開始の4年前に就任)である上忍であり、里の警備部隊の隊長。暁の行動が活発化したことを自ら積極的に察知するなどの働きぶりで周囲からの信頼も厚かったが、実は暁のサソリの配下でありスパイ活動を行っていた。「潜脳操砂の術」によって暁時代の記憶を消されていたが、潮時を悟ったサソリによって術を解除されて記憶が戻る。直後、自身の持ち場である警備部隊を襲撃し全滅させる。そして暁のイタチに体を利用されて「象転の術」の生贄となり死亡した。疾風伝オリジナルストーリー「ナルトの背中~仲間の軌跡~」では、風影となった我愛羅へのクーデターを企てる一部の上役達に遠まわしに「事故に見せかけて我愛羅を始末すればいい」という趣旨の発言をしているなど、我愛羅の存在を快く思っていなかった。

    【<NARUTOまとめ>砂隠れの里の上役 由良【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ