みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ:SLAM DUNK(スラムダンク) > その他の登場人物


    <スラムダンクまとめ>沢北の父 沢北哲治【画像あり】


    驚愕した。 沢北 哲治(さわきた てつはる) 沢北の父で、「バスケ狂テツ沢北と呼ばれている。年齢は44歳。 息子栄治が産まれて最初に与えた玩具が皮バスケットボール、以降息子ためにあちこちから借金をしまで裏庭にバスケットコートある家を手に入れた。暇さえあれ親子
    160キロバイト (29,239 語) - 2020年7月12日 (日) 02:54



    沢北の父で、「バスケ狂・テツ沢北」と呼ばれている。年齢は44歳。
    息子の栄治が産まれて最初に与えた玩具が皮のバスケットボールで、以降息子のためにあちこちから借金をしてまで裏庭にバスケットコートのある家を手に入れた。暇さえあれば親子で1ON1に明け暮れ、それが現在の栄治の選手としての実力の基礎を作った。


    【<スラムダンクまとめ>沢北の父 沢北哲治【画像あり】】の続きを読む


    <スラムダンクまとめ>豊玉高校バスケ部(前監督) 北野【画像あり】


    話は取り消された。 また、湘北対山王戦試合練習、山王練習に割り込みダンクを決めた花道を「けしからん奴」評した。 北野きたの豊玉高校バスケ部の前監督で南と岸本の恩師。「バスケットは好きか?」という合言葉、何よりもまずバスケを楽しむことを前提した指導法を信条し、3年間
    160キロバイト (29,239 語) - 2020年7月12日 (日) 02:54



    豊玉高校バスケ部の前監督で、南と岸本の恩師。「バスケットは好きか?」という合言葉のもと、何よりもまずバスケを楽しむことを前提とした指導法を信条とし、3年間の限られた高校生活の中でバスケの楽しさを最大限に知ってもらうため、周囲からは批判を受けながらも敢えてディフェンスよりもオフェンスを重視したラン&ガンスタイルのバスケを教えており、当時の部員たちからは非常に慕われていた。
    しかし、大阪1位と全国ベスト8の好成績を収めながら、それ以上にいけないことを不満とする学校経営陣により解任され、その後は小学校でミニバスケの監督をしている。小学校でも豊玉監督時代と変わらない指導法で楽しく教えている様子であり、インターハイでは教え子の子供たちを連れて観戦に訪れた。
    安西とは大学時代の同期生であり、互いに呼び捨てで呼び合う間柄で、作中では彼と対等な立場で会話のできる唯一の人物。かつて安西が大学の監督を辞めたことは知っていたが、高校で監督を続けていたことは知らず、湘北対豊玉戦の終了直後に安西と再会し、「自分があと2年、豊玉の監督を続けていたら大学の同期生対決が実現していた」と惜しんでいた。湘北の部員たちに山王のビデオを見せるべきか迷っていた安西に対し、レベルが違い過ぎるため自信喪失になりかねないとしながらも、「(湘北の選手たちも)それほどヤワには見えなかった」と言い、ビデオを見せるよう助言をした。

    【<スラムダンクまとめ>豊玉高校バスケ部(前監督) 北野【画像あり】】の続きを読む


    <スラムダンクまとめ>深沢体育大学バスケ部 杉山祥太【画像あり】


    な…」という呟きが発せられてい杉山 祥太すぎやま しょうた - 曽我部和恭 深沢体育大学3全日本メンバーでポジションはセンター。 赤木の自宅に訪問し、彼に「神奈川のセンターでピカイチの評価をしている」と語っうえ深沢体育大に勧誘する。高校時代自身のワンマンチームだっ
    160キロバイト (29,239 語) - 2020年7月12日 (日) 02:54



    深沢体育大学3年。全日本メンバーで、ポジションはセンター。
    赤木の自宅に訪問し、彼に「神奈川のセンターでピカイチの評価をしている」と語ったうえで深沢体育大に勧誘する。高校時代は自身のワンマンチームだったが、全国ベスト8まで上り詰めた。赤木には否定されるも、彼と自身の境遇が似ていると思っていた。山王戦では赤木を「おそらく今大学に入っても通用するセンター」、河田を「現時点でも大学のセンターでベスト3には入る」と評した。

    【<スラムダンクまとめ>深沢体育大学バスケ部 杉山祥太【画像あり】】の続きを読む


    <スラムダンクまとめ>深沢体育大学バスケ部(監督) 唐沢一雄【画像あり】


    ていると思っていた。山王戦では赤木を「おそらく今大学に入っても通用するセンター」、河田を「現時点でも大学のセンターでベスト3には入る」と評した。 唐沢 一雄からさわ かずお - 徳丸完 深沢体育大学バスケ部監督。 杉山と同じく赤木を深沢体育大に勧誘する。インターハイでのベスト8入りを条件に
    160キロバイト (29,239 語) - 2020年7月12日 (日) 02:54



    深沢体育大学バスケ部監督。
    杉山と同じく赤木を深沢体育大に勧誘する。インターハイでのベスト8入りを条件に出すも2回戦が山王工業との対戦だったため、山王戦の出来次第で赤木の採用を決めることにしたが、最終的に勧誘の話は取り消された。
    また、湘北対山王戦の試合前の練習で、山王の練習に割り込みダンクを決めた花道を「けしからん奴」と評した。

    【<スラムダンクまとめ>深沢体育大学バスケ部(監督) 唐沢一雄【画像あり】】の続きを読む


    <スラムダンクまとめ>安西の大学監督時代の教え子 谷沢龍二【画像あり】


    部員たち顔も覚えたとこと。安西にアメリカ留学を反対された流川を車で駅まで送る際、大学監督を務めていた頃安西と当時の教え子であった谷沢悲しい過去を語って聞かせた。 谷沢 龍二やざわ りゅうじ - 中尾みち雄 安西の大学監督時代の教え子
    160キロバイト (29,239 語) - 2020年7月12日 (日) 02:54



    安西の大学監督時代の教え子。
    本編から10年ほど前に、日本人には珍しい2メートルの長身と優れた運動能力を併せ持ち、「走れる2メートルの選手」として将来を期待されていた選手だったが、高校時代は恵まれた体格と才能だけに頼って基礎を疎かにしていたため、大学では徹底して基礎訓練に重点を置いた厳しい練習を課せられていた。それは安西が心底から谷沢の将来に期待していたからこその必要な指導であり、他の部員たちもそのことをよく理解していたが、肝心の谷沢本人は安西の思いを全く理解できず、「ほとんどヤクザ」「軍隊みたい」と思えるような当時の安西の指導方法に不満と恐怖を募らせていくばかりで、やがては安西から離れてバスケの本場アメリカで修業をすれば自分は最高の選手になれるはずだと思い込み、安西に無断でアメリカへ留学した。
    しかし、アメリカでは彼よりもさらに大きくて走れる選手が何人も存在しており、そのような環境では長年基礎を疎かにしたままの彼のプレイが通用するはずもなく、また現地のチームにはまともな指導者がいなかったことも災いして挫折。薬物に手を染めた挙げ句、最期は車を暴走させて激突事故を起こし、24歳で亡くなった。一方の安西も谷沢がいなくなってからは谷沢の行方を絶えず案じ続け、アメリカでの谷沢の荒んだ実状を知ってからは、何とか指導をやり直すために谷沢を日本に呼び戻そうと手を尽くしたが、願いが叶うことはなく、5年目に新聞の記事で谷沢の事故死を知ることとなった。
    谷沢の葬儀後、谷沢の母(声 - 阿部道子)の手で安西に渡された手紙によると、「お前のためにチームがあるんじゃねぇ、チームのためにお前がいるんだ」という安西の言葉の意味を渡米後にようやく理解し、後悔していたが、安西や他の部員たちに迷惑をかけて勝手に渡米した手前、おめおめと日本へ帰るわけにもいかず、どこにも自分の居場所を見出せないまま、1人で苦悩し続けていた模様。
    この悲劇がきっかけで安西は大学の監督を退任し、さらには"白髪鬼"の呼び名も返上して、"白髪仏"と呼ばれるほど物静かな雰囲気の人物に変わった。
    単行本22巻の1コマ漫画では、安西が彼の墓を訪れた際、彼の墓石から「先生また太ったな…」という呟きが発せられていた。

    【<スラムダンクまとめ>安西の大学監督時代の教え子 谷沢龍二【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ