みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ: SLAM DUNK(スラムダンク)

      mixiチェック

    SLAM DUNK > スラムダンク (1994年の映画) 『スラムダンク』は1994年3月12日に公開されたテレビアニメ『スラムダンク』の劇場公開作第1弾であるアニメーション映画。製作は集英社、テレビ朝日、東映、東映動画。配給は東映。カラー、ワイド。上映時間は30分。同時上映は『ドラゴンボールZ 危険なふたり
    7キロバイト (815 語) - 2020年7月20日 (月) 07:29



    (出典 www.famitsu.com)


    おおおおおおおおおお!!!

    スラムダンク返り咲き!!!?

    アニメ映画化ってオリジナルなのかなぁ?

    個人的には山王戦がいいけどね!

    1 ひかり ★ :2021/01/07(木) 14:42:21.54

     漫画家の井上雄彦さんが1月7日、「スラムダンク」が映画になるとTwitterで発表した。同時に東映アニメーションが井上さんのツイートを紹介しつつ「“新しいアニメーション映画”を制作中」と明らかにした。

     映画のタイトルは「未定」で、公開日などの詳細も明らかになっていない。同日オープンした予告サイトも7日時点ではツイートと同じ「SLAM DUNK 映画になります!」というメッセージのみだ。今後、映画の公式Twitterアカウント「@movie_slamdunk」などで情報を発信する。

     スラムダンクは1990年から96年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載したバスケットボール漫画。高校バスケを舞台に主人公・桜木花道の人間的成長を描き、中高生を中心に人気を集めた。国内のシリーズ累計発行部数は1億2000万部以上。93年から96年にかけてテレビアニメを放送した。
    ITmedia NEWS

    https://news.yahoo.co.jp/articles/92391999dad8ccba05a6d5332eb9455bc657fe8b


    【【衝撃】「スラムダンク」アニメ映画化、井上雄彦さんがTwitterで発表!!!】の続きを読む

      mixiチェック

    SLAM DUNK』(スラムダンク)は、高校バスケットボールを題材にした井上雄彦による少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)にかけて全276話にわたり連載され、アニメやゲームも制作された。 主人公の不良少年桜木花道の挑戦と成長を軸にしたバスケットボール漫画。単行本第21
    57キロバイト (4,834 語) - 2020年11月22日 (日) 23:07



    (出典 blog-imgs-46.fc2.com)


    自分的にはスリーポイントシュートの確率の高さで宮益かなぁ!

    総合的技術は木暮の方が高いけどね!

    1 幻の右 ★ :2020/11/29(日) 16:19:31.71

     シックスマン。バスケットボールにおいて、スターターの5人には選ばれないが、交代選手の1番手として、スターターの5名に匹敵する能力や、試合において戦略的に特別な役割を与えられ、起用される選手に贈られる称号である。『SLAM DUNK』の作中で神奈川県代表としてインターハイに出場した海南大付属高校、湘北高校は、それぞれ宮益義範、木暮公延という「メガネのシックスマン」を擁していたチームである。“神奈川最強のメガネ選手”となると、翔陽高校の花形透であることに疑いの余地はないが、“神奈川最強メガネのシックスマン”の称号は、果たして宮益、木暮のどちらが相応しいのか? 今回はそれを検証したいと思う。

    ■フィジカル面、技術面、メンタル面を比較

     まずふたりを単なるいちバスケ選手の能力として比較すると、フィジカル面では圧倒的に木暮が優位に立つであろう。超高校級のフィジカルを持つ作中の登場人物の中では、木暮の持つ能力は一般高校生の平均的なそれに等しい。しかし、宮益の身体能力はサイズ、パワー、スピード、ありとあらゆる面で木暮を大幅に下回るどころか、一般高校生と比較しても見劣りするのではないかとも思わせるほどである。各々の高校で厳しい練習をこなしてきているため、各体力面に関しては平均以上のものを備えていると思うが、それ以外の分野での宮益の劣勢は否めない。

     次に技術面だが、木暮は特筆されるほどの明確な強みはないものの、練習量に裏打ちされた基礎的な技術レベルはそれなりに高く、平均水準以上のものは兼ね備えていると推測される。一方宮益にはみなさんご存じのとおり、シュートという決定的な武器があり、3ポイントの精度に関しては県内屈指と言ってもいいだろう。その技術を発揮できるシチュエーションは限られているものの、木暮にはない明確な”武器”を備えているという点において、かつやはり練習で基礎的な技術レベルはクリアしていると判断すると、この項目は宮益に軍配があがるのではないか?

     そしてメンタル面に関して言えば、これはふたりともかなりの強さを誇っているといっていいだろう。まず木暮だが、なんといってもあの湘北の、赤木を含めたアクの強すぎる連中に対してまったく気後れすることなくフラットに接することができる時点で、相当なメンタルの持ち主であると言える。グレていた頃の三井たちに対しても毅然とした態度で向き合える、バスケに対する気持ちの強さは疑いの余地はない。一方で宮益は、作中でも言及されている通り、強豪校である海南のユニフォームを取った12人のうちの1人である。強豪校でロースターに入る難しさは、どんなスポーツであれその経験をした人間なら分かるはず。全国レベルの高校など、ある意味“能力者”の集まりであり、たとえ中学時代に名を馳せた人間でも、レベルの高さに心が折れることなどザラにある世界。その中で身体能力的に圧倒的に劣る人間が努力をし続け、ロースターの位置をつかむのは並大抵のメンタルではなし得ないことである。よってこの項目に関しては両者甲乙をつけ難いという結論になる。

    ■1on1の場合、試合の中での場合

     ということで、いよいよこのふたりのどちらが“神奈川最強メガネのシックスマン”かを決めていきたいが、もしふたりが1on1で戦ったとしたら、おそらく木暮の勝利で終わることになるだろう。基本アウトサイド一本しかない、フィジカル的に大きく劣る宮益にとって、1on1は試合中でももっとも避けたいシチュエーションであり、そこに特化した勝負では勝ち目はないと言い切ってもいいだろう。

     ただ、今回はベスト“シックスマン”の検証なので、試合の中でシックスマンとしてどのような恩恵をもたらせるかを考えないといけない。そうなったときにそれぞれのシックスマンとしての役割だが、木暮は「ユーティリティープレイヤー」であり、宮益は「アンダーサイズのシューター」とその特性が大きく分かれることになる。

     まず木暮だが、湘北のスターターはそれぞれのメンバーが分かりやすい特徴を持ったスペシャリストの集まりである。また、基本赤木と流川以外、その日の気分などによって、プレーの波が大きい。誰かがチームのリズムを乱したとき、もしくは自分のリズムを見失っているときにチームを落ち着かせる、そしてケガなどでスターターのいずれかが出場できなくなったときに、そこに入ってチームのバランスを保つ。チームをチームとして成立させスターターの能力を最大限引き出す潤滑油のような役割、フォア・ザ・チームのシックスマンが木暮であると言えよう。
    (略)

    Real Sound 11/29(日) 16:10
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2e7acbf97dd03b7b71da3f6627f1dbf1440d49d7


    【【話題】『SLAM DUNK』木暮vs宮益、神奈川最強の「メガネのシックスマン」はどっち?】の続きを読む

      mixiチェック

    SLAM DUNK』(スラムダンク)は、高校バスケットボールを題材にした井上雄彦による少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)にかけて全276話にわたり連載され、アニメやゲームも制作された。 主人公の不良少年桜木花道の挑戦と成長を軸にしたバスケットボール漫画。単行本第21
    56キロバイト (4,805 語) - 2020年10月11日 (日) 22:55



    (出典 support22.jp)


    バスケットボール漫画ってタブーだったの???

    バスケットボール漫画は結構出てるのになぁ!

    ちなみに私もスラムダンクがきっかけでバスケ部に入部した経験があります!www

    1 muffin ★ :2020/07/21(火) 14:28:05.86

    https://realsound.jp/book/2020/07/post-588634.html

    井上雄彦の『SLAM DUNK』は、『週刊少年ジャンプ』の1990年42号から1996年27号まで連載された、バスケットボール漫画の金字塔である。単行本の国内累計発行部数は1億2000万部以上といわれるこの怪物的ヒット作について、いまさらどんな内容かを説明する必要もないと思うが、念のために書いておくと、湘北高校に入学した不良少年の桜木花道が、ひょんなことからバスケットボール部に入部することになり、そこで才能を開花させていくある種のビルドゥングスロマン(成長物語)の傑作だ。

    連載終了からおよそ四半世紀。いまなお、バスケットボール漫画といえば、この『SLAM DUNK』のタイトルを思い浮べる人も多いと思うが、なにゆえ同作はそこまでの絶対的な存在たりえたのか。それを本稿では考察してみたいと思う。

    まず、考えられるのは、キャラが立っている、絵が良い、物語がよく練られている、ということだが、その条件を満たしている漫画なら他にもたくさんあるだろう。「友情・努力・勝利」という『少年ジャンプ』のヒットの法則(3大原則)を取り入れている点についても同様だ。漫画表現的には、例えば最終巻の湘北高校対山王工業戦における、セリフやナレーションを一切排除して絵だけで見せていく描写などはたしかに圧巻だが、その種の表現もそれまでのスポーツ漫画でまったくなかったわけではない(例えば、『がんばれ元気』の堀口元気対関拳児戦の描写などが、20 ページに渡りサイレントの表現で描かれている)。

    また、三井寿の「バスケがしたいです……」から、桜木花道の「左手はそえるだけ」にいたるまで、さまざまな名ゼリフが心に残る作品でもあるが、それゆえにヒットしたのかと問われたら、それだけではあるまい、と答えるほかない。さらには、アニメ化で広く世に知られるようになったから売れた、という人もいるかもしれないが、そもそも原作がそれなりにヒットしていたからアニメになったわけであり、それ(=アニメ化)はあくまでも「より多く売れた要因のひとつ」程度に考えていたほうがいいと思う。

    ■「バスケットボールはこの世界では一つのタブーとされている」
    では、なにゆえ『SLAM DUNK』は、バスケットボール漫画を象徴するような絶対的な存在になりえたのか。それは、(文字に書いてしまえば当たり前のことのように思われるかもしれないが)同作以前にバスケットボールを題材にした漫画のヒット作がほとんどなかったためだと思われる。異論のある方もおられるかもしれないが、個人的には、『SLAM DUNK』以前のバスケットボール漫画のヒット作といえば、六田登の『ダッシュ勝平』くらいしか思いつかないのだが、こちらはどちらかといえばコメディ色の強い作品であり、あまり比較の対象にはならないだろう(ただし『ダッシュ勝平』は、最終章でいきなりシリアスな展開を見せるのだが)。

    井上雄彦自身も、単行本の最終巻の「あとがき」でこんなことを書いている。

    確かに連載開始当時はバスケットボール漫画は数えるほどしかなかったし、日本ではまだメジャーとはいいがたいスポーツでした。連載前のネーム(ちゃんとした絵を入れる前の絵コンテ)を作ってるときも編集者から「バスケットボールはこの世界では一つのタブーとされている。」と何度か聞かされました。コケるのを覚悟しろという意味です。(たぶん)
    それでもバスケットボール漫画を描くということは、少なくとも自分にとってはごく自然なことでした。『SLAM DUNK』31巻(集英社/ジャンプ・コミックス版)より

    つまり、井上が新連載を始めるにあたり、狙いを定めたのがほとんど誰も手をつけていない「穴場」的なジャンル――さらにいえば、彼にとって情熱を注ぐことのできるマイナーな題材だったからこそ、結果的にまだ誰も見たことのない「新しいジャンルの漫画」を開拓できた(そして、その「新しさ」がヒットにつながった)のだとは考えられないだろうか。

     これは、同じような条件下で始まった高橋陽一の『キャプテン翼』が、後にサッカー漫画のジャンルを牽引する革命的な
    続きはソースをご覧下さい

    ★1が立った日時:2020/07/21(火) 11:41:50.61
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1595299310/


    【【衝撃】『SLAM DUNK』は“漫画のタブー”に挑んだ作品だった? 絶対的存在になった理由とその影響は?】の続きを読む

      mixiチェック

    SLAM DUNK (スラムダンクからのリダイレクト)
    『SLAM DUNK』(スラムダンク)は、高校バスケットボールを題材にした井上雄彦による少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)にかけて全276話にわたり連載され、アニメやゲームも制作された。 主人公の不良少年桜木花道の挑戦と成長を軸にしたバスケットボール漫画。単行本第21
    57キロバイト (4,834 語) - 2020年9月26日 (土) 01:10



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    黒子のバスケやハーレムビート等のバスケ漫画は人気なのですが、スラムダンクを超えるバスケ漫画は未だに存在していない。

    何故なのでしょうか?

    と言ってもキッズ世代はほとんどがスラムダンクを知らない訳で、知ってる人は主に30代以上の人です。

    今もなお、30代以上の人に絶大な人気があるとしか言えませんね!

    1 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイW 5f98-5NPo) :2020/09/02(水) 18:19:23.26


    ・小さい奴が主役(笑)
    ・ゾーン(笑)
    他にもある?


    あひるの空(笑) 黒子のバスケ(笑)

    夢を諦めた天才バスケ少年、新しい一歩を踏み出す青春スポーツマンガ始動
    https://natalie.mu/comic/news/393263


    【【話題】キッズ世代のバスケ漫画が「スラムダンク」を超えられない理由】の続きを読む

      mixiチェック

    SLAM DUNK > スラムダンク (1994年の映画) 『スラムダンク』は1994年3月12日に公開されたテレビアニメ『スラムダンク』の劇場公開作第1弾であるアニメーション映画。製作は集英社、テレビ朝日、東映、東映動画。配給は東映。カラー、ワイド。上映時間は30分。同時上映は『ドラゴンボールZ 危険なふたり
    7キロバイト (815 語) - 2020年7月20日 (月) 07:29



    (出典 batque.com)


    皆の名言集読んでるとスラムダンクまた観たくなってくる!こんなに名言が出たアニメ(漫画)はかつてあっただろうか?

    1 まきひと ◆uoeCB.pYtA :2008/12/22(月) 19:41:03

    「入部した時を思い出してみろよ。今まで残ったのはあの時本気で全国制覇を信じた奴だけだぜ」 by:木暮公延


    関連URL:
    『スラムダンク』で好きな名言(名場面)は?
    http://vote3.ziyu.net/html/aetetwt.html


    【『スラムダンク』で好きな名言(名場面)集きたああああああ!】の続きを読む

    このページのトップヘ