みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ:ドラゴンボール > フリーザ一味関係者


    <ドラゴンボールまとめ>フリーザ一味関係者 コルド大王【画像あり】


    フリーザ一味 (コルド大王からのリダイレクト)
    フリーザ - 中尾隆聖 星の地上げなどの活動を行っているフリーザ一味の統括者。ナメック星で孫悟空と激戦を繰り広げる。 コルド大王 - 郷里大輔Z118 - 121)、佐藤正治Z195)、大友龍三郎) フリーザ、クウラの父。容姿は、フリーザの第
    62キロバイト (9,733 語) - 2020年5月11日 (月) 14:05



    フリーザ、クウラの父。容姿は、フリーザの第2形態に似た大柄な姿で、長い角と大柄な体型を除けば第1形態のフリーザとも似ている。頭部と腕・脛が外殻に覆われており、顔にはシワがある。かつてコルド軍を率いていたが、生まれながらに自分を超える実力と冷酷さを身につけていた息子の才能を喜び、軍の指揮権をフリーザに譲り引退している。『ドラゴンボール大全集』ではフリーザ一味に含まれており、フリーザを中心とした組織の上に君臨している。突然変異体である彼一人から変異体の要素を強く持ったまま生み出されたのがフリーザであり、フリーザ一族の中でも異常な戦闘力や残忍さを持つのはこの2人のみ。フリーザからはパパ、クウラからは親父と呼ばれている。
    悟空を倒すため、復活したフリーザと共に地球へ来襲した際、突如現れてフリーザを瞬時に倒したトランクスの実力を見込み、自らの一族へ引き込もうとするが一蹴される。フリーザの敗北はトランクスの持つ剣の力ゆえと考え、彼を挑発し引き渡された剣で、トランクスの不意を突く卑怯さを見せるも受け止められ、気功波で胸を貫かれて絶命、死体は消滅させられた。アニメでは胸を貫かれて瀕死状態になり、消滅させられて死ぬ前にトランクスに「星をやる」と言って命乞いをするシーンが追加されている。
    本来の歴史=トランクスの世界(未来の次元)では、フリーザと共に悟空に倒されるはずだったことがトランクスの口から語られた。
    コルド大王の前でフリーザが自らを宇宙一と称しても意に介さなかったり、また、コルド大王自身トランクスに対し、「宇宙一強いお前こそ我が一族になる資格がある」と言い放つなど、一族として宇宙一を求めている考え方が示唆されている。
    戦闘力はフリーザよりやや劣る。アニメでは、ベジータが「フリーザによく似たフリーザより遥かに大きな気」と語った。また、ゲーム『ドラゴンボールZ Sparking! METEOR』の公式サイトではフリーザ、クウラを上回る実力を持つと表記されている。
    アニメではナメック星消滅後、本国からの連絡により宇宙船でナメック星が存在していた宙域に向かい半死半生のフリーザを発見し、部下に救助させサイボーグ手術を行わせる。側近たちからも恐れられており、あまり出番がなかった原作に比べ、その恐ろしさが強調されている。また、死後にセルやフリーザ、ギニュー特戦隊(カエルとなって地球で暮らすギニューを除く)らと共に地獄で暴れまわっていたが、パイクーハンによってフリーザ共々一撃で倒される。『Z』の魔人ブウ編では地獄から界王神界での悟空たちと魔人ブウの闘いをフリーザやギニュー特戦隊、セルなどと共に観戦する。劇場版『復活の「F」』および『超』では過去に「破壊神ビルスと魔人ブウだけは手を出すな」と言っていたことをフリーザが語っている。また、ソルベからは次回のドラゴンボールの使用で復活を提案されていたが、フリーザからは「偉そうだからパパの復活はしなくて良い」と疎まれているような発言をされていた。ソルベからは「パパフリーザさま」と呼ばれていた。『GT』ではクウラや特戦隊らと共に地獄から復活しているシーンがある。『Z』のDVD-BOX付属ブックレットでは、変身型宇宙人らしいという噂が記載されている。
    ゲーム『ドラゴンボールZ Sparking! METEOR』では、フリーザやクウラと対戦させると反旗を翻される。フリーザとクウラに勝利すると「出来の悪い息子だ」と冷笑しながら罵る。また、ベジータ王とも面識があった様子。ゲームでは「フルパワーデスビーム」を使用する。

    【<ドラゴンボールまとめ>フリーザ一味関係者 コルド大王【画像あり】】の続きを読む


    <ドラゴンボールまとめ>フリーザ一味関係者 アボ&カド【画像あり】


    ベジータ食欲かなり驚いていたアボカド、合体アカ フリーザ軍の残党でフリーザとは別の星に派遣されていた2人組の兄弟アボが青色、カドが赤色ずんぐりした体形だが、当時ギニュー特戦隊肩を並べるほど実力者、現在ではターブルいわくフリーザ匹敵する強を身につけている。悟空たち
    12キロバイト (1,711 語) - 2020年4月1日 (水) 17:56



    フリーザ軍の残党で、フリーザとは別の星に派遣されていた2人組の兄弟。アボが青色、カドが赤色のずんぐりとした体形だが、当時はギニュー特戦隊と肩を並べるほどの実力者で、現在ではターブルいわくフリーザに匹敵する強さを身につけている。悟空たちに敗北後は和解し、悟空が作った農作物のヨカッタネダイコンを頂き、悟空たちに対して丁寧語を使うなど打ち解けている。一人称は両者、合体後とも「オレ」。技は分身能力と合体。合体アカの技はスーパー破壊エネルギー波「ワハハノ波」、周囲にワハハノ波を乱射する「スーパーワハハノ波」。フルパワーで放つ巨大なワハハノ波がある。
    漫画版ではアボ・カドが分身して戦うシーンがなくなり、すぐにアカに合体する。
    『ドラゴンボールヒーローズ』でも対戦キャラクターとして登場していたが、GDM9弾にスーパーレアとして登場、GDM10弾でもスーパーレアとして必殺技「スーパーワハハの波」をもつ合体アカが登場した。

    【<ドラゴンボールまとめ>フリーザ一味関係者 アボ&カド【画像あり】】の続きを読む


    <ドラゴンボールまとめ>クウラ機甲戦隊 ネイズ【画像あり】


    爆死した。 名由来はドレッシング。 ネイズ 水ばかりの惑星に住む両生類の一種から進化した種族。戦闘力163,000。惑星クウラNo.6(旧ゾルト星)出身。しなやかで、弾力性ある皮膚と骨格を持ち、亀よう首を胴体引っ込めたり、手足を伸ばすことができる(手足伸縮は劇中では未使用)。隊員
    22キロバイト (3,299 語) - 2020年5月11日 (月) 14:05



    水ばかりの惑星に住む両生類の一種から進化した種族。戦闘力163,000。惑星クウラNo.6(旧ゾルト星)出身。しなやかで、弾力性のある皮膚と骨格を持ち、亀のように首を胴体に引っ込めたり、手足を伸ばすことができる(手足の伸縮は劇中では未使用)。隊員の中では身長が最も高い。悟空とピッコロの前ではパワーもスピードも敵わなかった。ドーレとは言い争う場面が見られたが、ドーレが死んだ時は激昂した様子も見せていた。体内に発電器官があり、全身から高圧電流を発することが可能。ピッコロにそれを仕掛けて一時的に追い詰めるが、逆に技を返されたことで感電死した。

    【<ドラゴンボールまとめ>クウラ機甲戦隊 ネイズ【画像あり】】の続きを読む


    <ドラゴンボールまとめ>クウラ機甲戦隊 ドーレ【画像あり】


    光線などを用いる。悟空パワーに吹き飛ばされるが、クウラが太陽に飛ばされて倒された後も生き残っていた。その後、満身創痍悟空たちに襲いかかろうとするが、不意に飛んできたピッコロ「魔貫光殺砲」で右胸を撃ち抜かれて死亡する。 名由来はサウザンアイランドから。 ドーレ 宇宙プロレス連盟の元レスラー。戦闘力は185
    22キロバイト (3,299 語) - 2020年5月11日 (月) 14:05



    宇宙プロレス連盟の元レスラー。戦闘力は185,000。惑星クウラNo.256(旧ベッパー星)出身。マグマの中に大陸がある星の出身で、鍛え上げられた非常にタフな筋骨隆々の肉体とパワーを持つ緑色の肌の大男。対戦相手を全て殺害するなど性格は残虐。悟飯の尻尾を握って脱力させてから痛め付けるが、駆けつけたピッコロに苦戦する。ネイズがピッコロの相手をしている内に悟飯を追うが、すぐさまピッコロが放った追尾エネルギー波を押し返そうとするも耐えきれずに爆死した。

    【<ドラゴンボールまとめ>クウラ機甲戦隊 ドーレ【画像あり】】の続きを読む


    <ドラゴンボールまとめ>クウラ機甲戦隊 サウザー【画像あり】


    レイジングブラスト2』では全員登場。クウラと戦闘では3人とも、反旗を翻す態度を取る。 サウザー 機甲戦隊のリーダー戦闘力170,000。惑星クウラNo.98(旧ブレンチ星)出身。7000宇宙語を話せる頭脳持ち主。ギニュー特戦隊隊長ギニューとは機甲戦隊の隊長座を争ったライバル同士だった。また、同じくギニュー特戦隊の
    22キロバイト (3,299 語) - 2020年5月11日 (月) 14:05



    機甲戦隊のリーダー。戦闘力170,000。惑星クウラNo.98(旧ブレンチ星)出身。7000の宇宙語を話せる頭脳の持ち主。ギニュー特戦隊隊長のギニューとは機甲戦隊の隊長の座を争ったライバル同士だった。また、同じくギニュー特戦隊のジースとは二重太陽のある同じ星系出身の仲間でもあり、出身星の重力が大きかったために身体はメンバーの中では小柄だが、その分他の星では非常に身軽に動くことが出来る。青い肌で白い頭髪を持ち、整った顔立ちの地球人に近い姿や体格をしている。ピッコロと遭遇した際は彼がナメック星人であることに気付き、他のメンバーのようにスカウターの数値のみに固執してはおらず、悟空が戦闘力を臨機応変に変化させる戦士であることを隊員の中で唯一見抜くなど、観察力に優れる。また、惑星ベジータの消滅の映像を見て「さすが、フリーザ様だ」と述べており、フリーザに対しても敬意を示している。スピードのネイズ、パワーのドーレと比してテクニックに優れ、エネルギー手刀と指からの光線などを用いる。悟空のパワーに吹き飛ばされるが、クウラが太陽に飛ばされて倒された後も生き残っていた。その後、満身創痍の悟空たちに襲いかかろうとするが、不意に飛んできたピッコロの「魔貫光殺砲」で右胸を撃ち抜かれて死亡する。

    【<ドラゴンボールまとめ>クウラ機甲戦隊 サウザー【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ