みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ:ドラゴンボール > レッドリボン軍関係者(人造人間)


    <ドラゴンボールまとめ>レッドリボン軍関係者 人造人間超17号【画像あり】


    号が17号に向かってきたため、18始末させようした結果的17は18を殺さなかった。 その後17号と合体し17号に変身する。 17スーパーじゅうななごう17号と17号が合体した姿ふたりの17号に比べて髪が長くなり髪型もオールバックに変化し体型が長身痩躯となっている
    34キロバイト (5,989 語) - 2020年3月30日 (月) 07:37



    新17号と17号が合体した姿。ふたりの17号に比べて髪が長くなり、髪型もオールバックに変化し、体型が長身痩躯となっている。性格は凶悪で、プライドが高く好戦的。17号のように戦闘で服が台無しになることを嫌うほか、身体を他人に触られることも嫌う。
    外した左腕がマシンガンになるほか、10本の指先からエネルギー弾を連射する「フラッシュボンバー」や、両手で放つスパークを纏う漆黒の大きなエネルギー弾「電撃地獄玉」など気功系の技を持つ。ミューいわく「究極のマシンミュータント」。
    掌には人造人間19号や20号と同じくエネルギー吸引装置が付いているほか、ミューがゲロに内緒で付け加えた装置により気功波を身体中から吸収する能力も持っており、気功波を吸収するたび強くなる。相手と距離を取りつつ自分の周囲に注意を向ける戦法を主に行い、悟空の瞬間移動による接近も見切った。
    ベジータたちを圧倒し、実の生みの親のはずのゲロを再び殺害、超サイヤ人4に変身した悟空と対戦し10倍かめはめ波を吸収して悟空を窮地に追い込み、バリアによって悟空の自爆攻撃にも耐え抜いた。しかし、18号に対して本気を出すことができず、その直後、ミューから「情けない臆病者」と罵られたことで、腹癒せに電撃地獄玉でミューを殺害(もしくは、17号自身の内心では既にミューへの反逆を決意していた模様)。これに関して18号は自分の自爆装置がなくなったのを知らなかったことと、それによって巻き添えを食らうことを恐れていたために攻撃をしなかったと話しているが、悟空は超17号を倒した後、「17号は実は自爆装置がなかったことを知っていて、双子の姉である18号への情から躊躇していただけだった」と推測しており、ドラゴンボールZ Sparking!シリーズのプロフィールでは「双子の姉に対する情がある」と語られており、『ドラゴンボールヒーローズ』の地獄編の超17号も18号を仲間に入れていると弱体化する。最終的にはクリリンを殺された18号の気功波攻撃から、気功波吸収の際、一定のポーズをとり続けなければならず無防備になる弱点を悟空に見抜かれ、龍拳とかめはめ波の連続攻撃の前に消滅する。
    『ドラゴンボールヒーローズ』ではオリジナル形態として、超17号(セル吸収)と超17号(人造人間吸収)が登場する(後者は筋骨隆々になる程度だが、前者はそれに加え体にセルのような模様ができる)。

    【<ドラゴンボールまとめ>レッドリボン軍関係者 人造人間超17号【画像あり】】の続きを読む


    <ドラゴンボールまとめ>レッドリボン軍関係者 人造人間13号【画像あり】


    ナンバリングを逆に変更された。詳細は劇場版項を参照。 13 - 曽我部和恭劇場版極限バトル!!三大超サイヤ人』)、遠藤守哉(『ドラゴンボールZ Sparking! NEO以降のゲーム劇場版3体中では最後に目覚めた人造人間で、リーダー格。14、15と異なり外見は一般
    38キロバイト (6,500 語) - 2020年5月1日 (金) 10:45



    劇場版の3体の中では最後に目覚めた人造人間で、リーダー格。14号、15号と異なり外見は一般の人間に近い。14号と15号が破壊された後は、2体の残骸の中から部品を取り込んでパワーアップを果たし、合体13号となって悟空たちを襲う。

    【<ドラゴンボールまとめ>レッドリボン軍関係者 人造人間13号【画像あり】】の続きを読む


    <ドラゴンボールまとめ>レッドリボン軍関係者 人造人間14号【画像あり】


    号とは違い人語はほとんど話さず機械的にソンゴクウと繰り返し音声を発するのみである。また、他の2体比べ表面な表情変化なども乏しく、ほぼ常に無表情戦闘行う。 15 - 小林俊夫 外見かなり小柄で肌紫、派手な色服装着用。また、頭頂部眼球部はほ機械ままであ
    38キロバイト (6,500 語) - 2020年5月1日 (金) 10:45



    かなりの巨体で肌は白く、辮髪を結っている。13号とは違い人語はほとんど話さず、機械的に「ソン・ゴクウ」と繰り返し音声を発するのみである。また、他の2体に比べ表面的な表情の変化などにも乏しく、ほぼ常に無表情で戦闘を行う。

    【<ドラゴンボールまとめ>レッドリボン軍関係者 人造人間14号【画像あり】】の続きを読む


    <ドラゴンボールまとめ>レッドリボン軍関係者 人造人間15号【画像あり】


    人造人間 (ドラゴンボール) (カテゴリ ISBNマジックリンク使用しているページ)
    違い人語ほとんど話さず、機械的に「ソン・ゴクウ」と繰り返し音声発するのみある。また、他の2体に比べ表面的表情変化などにも乏しく、ほぼ常に無表情戦闘行う。 15号 - 小林俊夫 外見はかなり小柄で肌の色は紫派手な色の服装を着用。また、頭頂部と眼球部ほぼ機械
    38キロバイト (6,500 語) - 2020年5月1日 (金) 10:45



    外見はかなり小柄で肌の色は紫、派手な色の服装を着用。また、頭頂部と眼球部はほぼ機械のままであり、大きな帽子とサングラスを身に着けて隠している。14号と同じくほとんど人語を喋らないが、声や表情で笑いを見せることがあった。

    【<ドラゴンボールまとめ>レッドリボン軍関係者 人造人間15号【画像あり】】の続きを読む


    <ドラゴンボールまとめ>レッドリボン軍関係者 セルジュニア【画像あり】


    セルジュニア - 沼田祐介島田敏SFCゲームドラゴンボールZ 超武闘伝2』)、中原茂(PSゲームドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説』)、鈴置洋孝(PS2ゲームドラゴンボールZ』シリーズ、『ドラゴンボールZ Sparking!』シリーズ)、藤本たかひろ(改、PSPゲーム『ドラゴンボール
    38キロバイト (6,500 語) - 2020年5月1日 (金) 10:45



    完全体となったセルが生み出した、セルの子供にして分身。
    体色は水色と黒の斑点で、完全体のセルを子供にしたような容姿をしている。性格は残忍であり、戦闘力もセルゲームに向けて再び精神と時の部屋で修業したベジータやトランクスでやっと互角に戦えるほどに高い。ピッコロは若干押され、地球人の戦士3人(クリリン、ヤムチャ、天津飯)とセルとの試合で消耗していた悟空は圧倒された。まともな言葉を発声することは非常に少なく奇声を発することが多いが、クリリンの攻撃をかわした際や天津飯を蹴った時など喋っている。
    作中ではセルが悟飯を怒らせるため、彼を除く戦士たちを痛めつける目的から7体を産み出すが、超サイヤ人2に覚醒した悟飯によってそれぞれが一撃で倒された。アニメ『Z』では、産むときには7体だったが最終的に8体が倒されている。原作での、悟飯がセルジュニアを撃破する際の臓器が飛び出る場面は、アニメでは爆発して死亡する演出に置き換わっている。
    アニメではピッコロも何とか互角に近い闘いを繰り広げており、ヤムチャと天津飯も戦闘序盤は協力して闘えば何とか抵抗してみせるなど、戦闘描写が追加されていた。アニメでは、かめはめ波や魔貫光殺砲、気円斬、気功砲などを使用しており、クリリンを人質に取るような卑劣な行為もする。またベジータのファイナルフラッシュを粘土のようにこね回して遊んだ後、蹴り飛ばして跳ね返すなど凄まじい強さを見せた。
    セルの能力で産み落とされた生命体で、直接のバイオテクノロジーによるものではないため、厳密には人造人間の定義には当てはまらないが、便宜上ここに分類する。
    漫画版『ドラゴンボール超』では、モンスター島に棲息するセルジュニアとそっくりな容姿と同等の戦闘力のモンスター「偽セルジュニア」が登場。ナレーションでは、かつてのセルのように核から再生した本物である可能性も示唆されている。戦闘力を大きく上げた人造人間17号の強さの理由が説明された。

    【<ドラゴンボールまとめ>レッドリボン軍関係者 セルジュニア【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ