みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ: ドラゴンボール


    <ドラゴンボールまとめ>西の銀河戦士 パイクーハン【画像あり】


    あの世一武道会 (パイクーハンからのリダイレクト)
    裏声行ったが、かなり苦労したと語っている。 パイクーハン - 緑川光 『Z』195話で初登場。西の銀河最強の戦士。地獄暴れるセルやフリーザ、コルド大王を一撃倒すほどの実力者。あの世一武道会決勝にて悟空と戦い敗北するが、ルール上は両者失格となる。緑色の肌
    10キロバイト (1,576 語) - 2019年12月2日 (月) 11:51



    西の銀河最強の戦士。寡黙でクールな性格だが冷徹な人物ではなく、地獄で暴れていたセルたちを討伐するのに心配でついてきた悟空に「助っ人を頼んだ覚えはない」と言い放つが、騒動が終わった後は微笑を見せる。
    緑色の肌と普段は超重量の烏帽子とガウンを着ており、悟空でも持ち上げられないほどの重さ。共通点も多いため「ピッコロみてえなやつ」と言われる。また表情もピッコロを参考に描かれている。
    あの世一武道会編では地獄で暴れていたフリーザやコルド大王、セルをたやすく倒すほどの実力者。セルにいたってはわずか2発で倒し悟空を驚愕させる。
    その後、あの世一武道会決勝で悟空を強敵と認め、上述のように帽子とガウンを脱ぎ捨て全力で勝負を挑む。超サイヤ人となった悟空と互角以上に渡り合い、あと一歩のところまで追い詰めるが必殺技を三度も見せたことが仇となり、とどめの「サンダーフラッシュ」を放つ寸前の隙を突かれ、瞬間移動からの近距離かめはめ波によって場外に吹き飛ばされ敗北する。その後悟空と友情が芽生える。しかし「天井も床と見なす」というルールにより両者ともに大界王より場外負けを宣言される(これについては審判からも無理やりすぎないかと言われる)。
    魔人ブウ編では悟空を追い瞬間移動してきた魔人ブウ(純粋)と大界王星で対峙し、オリブーとともに立ち向かうものの軽く退けられ、星ごと消滅させられそうになるが、悟空とベジータの気の放出による誘導によりブウが界王神星に向かい助かる。
    あの世では悟空とよくコンビを組み、劇場版では地獄で暴れるブロリーを退治しにいく。『復活のフュージョン!!悟空とベジータ』では普段の礼儀正しくクールなキャラクターが崩壊し、閻魔の宮殿の結界を破壊するために悪口を言い続けるシーンがある。本人は強い嫌悪感を示すが、悟空とベジータをフュージョンさせるための時間稼ぎにジャネンバと対峙する。上述のことから弱点を見抜き罵倒することで一瞬怯ませ、エネルギー弾の雨を放つが空間移動でかわされ、背後に回りこまれこめかみを強打されて敗北する。しかし時間稼ぎは成功し、フュージョンによって誕生したゴジータの姿を見て安心して気絶する。
    得意技は握った両腕を突き出し閃光とともに爆炎の渦を放つ「サンダーフラッシュ」、超スピードで回転することで強力な竜巻を起こし、体当たりによって内部に閉じ込め切り刻む「ハイパートルネイド」、そのほか「スーパーエネルギー弾」がある。

    【<ドラゴンボールまとめ>西の銀河戦士 パイクーハン【画像あり】】の続きを読む


    <ドラゴンボールまとめ>第11宇宙戦士 クンシー【画像あり】


    クンシー - 森田成一プライドトルーパーズの一員小柄な容姿手から無数の気の糸を出し相手を拘束したりできる。また、この糸は触れると爆発する性質持ち、周りに仕掛けることで地雷原にするという応用や、ビームにして相手に直接攻撃することも可能。力大会では、トッポ
    341キロバイト (60,692 語) - 2020年6月17日 (水) 15:56



    「プライド・トルーパーズ」の一員。小柄な容姿。手から無数の気の糸を出し、相手を拘束したりできる。また、この糸は触れると爆発する性質を持ち、周りに仕掛けることで地雷原にするという応用や、ビームにして相手に直接攻撃することも可能。力の大会では、トッポの指示でヒットと戦うディスポに加勢し、場外へ落ちそうになったディスポを糸光線で助け出した。その後、ディスポとのタッグでヒットと対戦し、糸光線でヒットを拘束してその間にディスポが攻撃するという戦法で苦しめたが、孫悟空の乱入で形勢は一変する。ヒットに単身で挑み自身の周りを爆発する糸光線で囲み手出しできないようにしたが、ヒットに飛ぶ衝撃波を喰らわされる。その後、悟空と対戦し同じように周りを地雷原の糸光線で覆うが、爆発もお構いなしに突っ込んできた悟空に猛攻を浴びせられる。さらにその後は、再び場外に落とされそうになったディスポを救助しヒットを道連れにしようと襲い掛かるが、時とばしでかわされ背後からの一撃で場外へ落とされ脱落した。
    漫画版では黒髪から金髪になった悟空を見て「変身タイプ」と称している。宇宙が5つ消滅した後も生き残っており、弱体化した暴走ケールをチームワークで圧倒したが、直後に誕生したケフラに他のメンバー共々落とされた。

    【<ドラゴンボールまとめ>第11宇宙戦士 クンシー【画像あり】】の続きを読む


    <ドラゴンボールまとめ>第11宇宙戦士 ケットル【画像あり】


    - 沼田祐介プライドトルーパーズの一員アマガエルのような顔をしている。光点操る戦士で、相手に気付かれないうちに周囲に光点ばら撒い浮遊させ、そのまま一気に相手に放つ戦法得意とする。力大会では、カリフラと交戦先述戦法で苦戦させる。タッパーが敗れた後は、カーセラル、ココット
    341キロバイト (60,692 語) - 2020年6月17日 (水) 15:56



    「プライド・トルーパーズ」の一員。アマガエルのような顔をしている。光点を操る戦士で、相手に気付かれないうちに周囲に光点をばら撒いて浮遊させ、そのまま一気に相手に放つ戦法を得意とする。力の大会では、カリフラと交戦し先述の戦法で苦戦させる。タッパーが敗れた後は、カーセラル、ココット、ゾイレーと共にカリフラとケールを倒そうとし、カリフラとケールの合体光線に対し4人での合体光線「ユナイテッドジャスティスストリーム」で応戦したが、押し負けてカーセラル、ゾイレー共々場外に吹き飛ばされて脱落した。
    漫画版では宇宙が5つ消滅した後も生き残っており、弱体化した暴走ケールをチームワークで圧倒したが、直後に誕生したケフラに他のメンバー共々落とされた。

    【<ドラゴンボールまとめ>第11宇宙戦士 ケットル【画像あり】】の続きを読む


    <ドラゴンボールまとめ>第11宇宙戦士 ココット【画像あり】


    他のメンバー共々落されココット - 山口由里子プライドトルーパーズの一員で紅一点尖った耳に宝石のイヤリングをした紫色の長髪と薄紫色の肌の女性。通称「異空間のイリュージョニスト」、「ココット・ゾーン」という外部からは入れない異空間作り出し相手その空間
    341キロバイト (60,692 語) - 2020年6月17日 (水) 15:56



    「プライド・トルーパーズ」の一員で紅一点。尖った耳に宝石のイヤリングをした紫色の長髪と薄紫色の肌の女性。通称「異空間のイリュージョニスト」で、「ココット・ゾーン」という外部からは入れない異空間を作り出し相手をその空間に閉じ込めることができる。この空間は、17号や18号の攻撃にもビクともせず瞬間移動しようとした悟空も気が探れず空間の中に入ることができなかった。自分自身が空間に入り身を守ることもできるが、その間移動も攻撃もできなくなるという弱点があり、また触ることもできる。力の大会で最初に18号と対戦し、その後カーセラル、タッパー、ゾイレー、ケットルとともにケールをココット・ゾーンに閉じ込める。ゾイレーからタッパーが敗れたことを聞くと、カーセラルの指示で超巨大なドーム形の異空間「ココット・ゾーンMAX」を作り出しカリフラとケールを完全に閉じ込め一気に倒そうとする。だが、カリフラとケールが力を合わせた光線にカーセラル、ゾイレー、ケットルが敗れ自身はココット・ゾーンで身を守っていたが、弱点が仇になり、そのまま18号に異空間ごと持ち上げられ場外に投げ飛ばされて脱落した。
    漫画版では宇宙が5つ消滅した後も生き残っており、弱体化した暴走ケールをチームワークで圧倒したが、直後に誕生したケフラに他のメンバー共々落とされた。

    【<ドラゴンボールまとめ>第11宇宙戦士 ココット【画像あり】】の続きを読む


    <ドラゴンボールまとめ>第11宇宙戦士 ゾイレー【画像あり】


    なる。 ゾイレー 声 - 森下由樹子 「プライド・トルーパーズ」一員。小柄な体形で頭に羊のような角を持つ超高速回転攻撃ジャスティススピンで竜巻と化し、相手突進する戦法得意する。また、この回転攻撃は敵攻撃弾き返す。 力大会では、タッパーコンビネーション悟空
    341キロバイト (60,692 語) - 2020年6月17日 (水) 15:56



    「プライド・トルーパーズ」の一員。小柄な体形で頭に羊のような角を持つ。超高速回転攻撃「ジャスティススピン」で竜巻と化し、相手に突進する戦法を得意とする。また、この回転攻撃は敵の攻撃を弾き返す。
    力の大会では、タッパーとのコンビネーションで悟空を苦しめるがタッパーが敗れるとその場から逃亡し、カーセラル、ココット、ケットルと合流して先にカリフラとケールを倒そうとし、カリフラとケールの合体光線に対し4人での合体光線「ユナイテッドジャスティスストリーム」で応戦したが、押し負けてカーセラル、ケットル共々場外に吹き飛ばされて脱落した。
    漫画版では宇宙が5つ消滅した後も生き残っており、弱体化した暴走ケールをチームワークで圧倒したが、直後に誕生したケフラに他のメンバー共々落とされた。

    【<ドラゴンボールまとめ>第11宇宙戦士 ゾイレー【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ