みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ:食戟のソーマ > 遠月十傑評議会


    <食戟のソーマまとめ>遠月十傑評議会 元第五席 斎藤綜明【画像あり】


    斎藤 綜明さいとう そうめい - 小西克幸 遠月学園第90期卒業生。「遠月十傑評議会の元第五席→第四。 身長186cm。211日生まれ。血液型はB型。好きな剣術構え、八相。好きな映画、太秦ライムライト。 モヒカンと鼻横一文字傷が特徴。刀ほど
    168キロバイト (29,153 語) - 2020年5月12日 (火) 08:35



    遠月学園第90期卒業生。「遠月十傑評議会」の元第五席→第四席。
    好きな剣術の構え、八相。好きな映画、太秦ライムライト。
    モヒカンと鼻の横一文字の傷が特徴。刀ほどの巨大な包丁「いさな斬り」を常に持ち歩いており、さらしを巻いている。古風な武士口調で話し、武士道を志すあまり他人からすればどうでもいいことにまで武士っぽさを見出しこだわり抜く。食戟でも正々堂々を好み、敵に塩を送ることもある。一人称は基本的に「俺」だが、他の3年の十席からは時々「拙者」も使うと言われており、創真との対決では実際に使っている。
    得意ジャンルは寿司で、当代きっての寿司職人と呼ばれる。愛刀いさな斬りで巨大なまぐろを瞬時に解体する刀工技術を持つ。魚介類の扱いを特に得意としているが、魚介類を生かすあらゆる副食材の扱いにも長けている。そのため寿司以外のジャンルにも精通している。

    【<食戟のソーマまとめ>遠月十傑評議会 元第五席 斎藤綜明【画像あり】】の続きを読む


    <食戟のソーマまとめ>遠月十傑評議会 元第四席 茜ヶ久保もも【画像あり】


    いざこざなどを解決してきた。やがて女木島名は全国に広がり、いつしか日本中ラーメン店主から絶大な信頼を受け、若旦那や組長などと呼ばれるラーメン界若き王となった。 茜ヶ久保 ももあかねがくぼ もも - 釘宮理恵 遠月学園第90期卒業生。「遠月十傑評議会の元第四席→第三
    168キロバイト (29,153 語) - 2020年5月12日 (火) 08:35



    遠月学園第90期卒業生。「遠月十傑評議会」の元第四席→第三席。
    好きな匂い、バニラエッセンス。好きな部分、肉球。
    十傑では最も小柄で猫耳のように見える髪型をしており、常にブッチーと呼ばれるネコのようなぬいぐるみを抱いている。ブッチーをぬいぐるみ扱いされると怒る。一人称は「もも」。口数は少ないが結構な毒舌家でもある。人見知りが激しく梁井によると目を合わせて会話が成立するまで軽く1か月はかかるという。ただし時間が経つとかなり口数が増える。気に入った相手に様々なあだ名をつけるが[、一色によると可愛いと愛でるのは下に見ているからで、あだ名で呼ぶのは自分より格下だと思っている人間だけだと分析している。飛行機が苦手で、進級試験で北海道に向かうときは必死に抵抗していた。
    遠月学園当代きってのパティシエ(菓子職人)と呼ばれており、洋菓子・和菓子問わずスイーツ作りを得意としており、その繊細な技術と華やかな美的センスを生かした菓子作りで十傑入りを果たした。茜ヶ久保をトレースした美作は「かわいいのカリスマ」と称している。作った料理を自撮りしてその写真をSNSに投稿しており、同世代の女子から絶大な支持を集めている。

    【<食戟のソーマまとめ>遠月十傑評議会 元第四席 茜ヶ久保もも【画像あり】】の続きを読む


    <食戟のソーマまとめ>遠月十傑評議会 元第三席 女木島冬輔【画像あり】


    とよりも食べることを趣味としており、3年次の饗祭では十傑の中で一人だけ出店せず5日間で全120店舗の食べ歩きを行っていた。 女木島 冬輔めぎしま とうすけ - 楠大典 遠月学園第90期卒業生。「遠月十傑評議会」の元第三席。 身長193cm。74日生まれ。血液型はO型。好きな箸、割り箸。好きな女優、梶芽衣子。
    168キロバイト (29,153 語) - 2020年5月12日 (火) 08:35



    遠月学園第90期卒業生。「遠月十傑評議会」の元第三席。
    好きな箸、割り箸。好きな女優、梶芽衣子。
    ニット帽子を被った大柄な生徒。十傑の中では最も背が高く筋肉質な体格。常に無表情で口数も少ない。勝負事は性に合わず、料理の勝ち負けはいかに客を喜ばせられるかという競争だけでいいと考えており、食戟嫌いの料理人として知られる。ただし、口先だけの者は容赦なく叩き潰す。日本一の料理学校という評判を聞き遠月に入学したが、望まない食戟を毎日挑まれ、あまりのしつこさに売られた勝負を片っ端から受けた結果、いつのまにか第三席にまで上り詰めていた。そのため十傑の地位へのこだわりはなく、自分のラーメンを戦闘の道具にはしたくないと語っている。
    得意料理はラーメンで「ラーメンマスター」の異名を持つ。調理時には創真と同様頭に手ぬぐいを巻く。ラーメン道を追及するため、日本全国で屋台を引きながら修行の日々を重ね、その先々で経営難に陥った店を助けたり、ラーメン店同士のいざこざなどを解決してきた。やがて女木島の名は全国に広がり、いつしか日本中のラーメン店主から絶大な信頼を受け、若旦那や組長などと呼ばれるラーメン界の若き王となった。

    【<食戟のソーマまとめ>遠月十傑評議会 元第三席 女木島冬輔【画像あり】】の続きを読む


    <食戟のソーマまとめ>遠月十傑評議会 元第二席 小林竜胆【画像あり】


    小林 竜胆こばやし りんどう - 伊藤静 遠月学園第90期卒業生。「遠月十傑評議会の元第二席。 身長171cm。1012日生まれ。血液型はO型。好きな季節、夏。好きな国、特にスペイン。 スタイルがよく、八重歯、左目を髪で隠している
    168キロバイト (29,153 語) - 2020年5月12日 (火) 08:35



    遠月学園第90期卒業生。「遠月十傑評議会」の元第二席。
    好きな季節、夏。好きな国、特にスペイン。
    スタイルがよく、八重歯、左目を髪で隠しているのが特徴。明るく茶目っ気があるが、ドキドキするという単純な理由で薊に加担するなどどこか食えないところもある。
    ワニやピラルクー、果ては虫といった「ゲテモノ」を料理に取り入れる「希少食材マスター」。調理法だけでなく未知の希少食材の味に対する好奇心が旺盛で、十傑加入後はその権限を活用して世界中を巡り、さらに磨きをかけている。そのような性分のため、料理することよりも食べることを趣味としており、3年次の月饗祭では十傑の中で一人だけ出店せず5日間で全120店舗の食べ歩きを行っていた。

    【<食戟のソーマまとめ>遠月十傑評議会 元第二席 小林竜胆【画像あり】】の続きを読む


    <食戟のソーマまとめ>遠月十傑評議会 元第一席 司英士【画像あり】


    出来が拮抗ていたために判定を下せなかった。 海老沢 理子(えびさわ りこ) 遠月学園第70期卒業生。極星寮黄金世代一員であり、当時は十傑第四地位にいた実績を持つ。 城一郎過去編のみ登場、城一郎とは薊や銀とよく料理勝負をていた。 瑛士つかさ えいし - 石田彰 遠月学園第
    168キロバイト (29,153 語) - 2020年5月12日 (火) 08:35



    遠月学園第90期卒業生。「遠月十傑評議会」の元第一席。
    好きな色、白。好きな飲み物、コーヒー(砂糖・ミルクは無し)。
    現在の十傑の頂点に君臨する立場であり一見クールな雰囲気だが、人付き合いが苦手で自分でも「人前に立つタイプじゃない」と語るほど気弱な性格で、第一席としての責任や重圧に押しつぶされそうになっている。秋の選抜でも会場の仕事は一色たちに任せて自分は裏方に回っていたが、本戦で創真や美作が食戟を立て続けに行ったことで事前処理にかなり苦労したと語っている。一方で、短すぎる人生に対して料理はあまりにも深く広いという考えを持っており、料理の腕には他人に味の有無を確かめないほどに絶対の自信を持っている。また、良くも悪くも自分の料理を極めることしか頭になく、他人への配慮を考慮しない傲慢なところがあり、中枢美食機関の方針で大衆料理店が潰れることを仕方ないと割り切っている。いつもネクタイを肩にかけている。
    得意ジャンルはフランス料理。徹底的に「自分らしさ」を捨て、素材のよさを極限にまで研ぎ澄ませた料理を重要視し、食通からは食材に傅きその身と誇りを奉じる者「食卓の白騎士(ターフェル・ヴァイスリッター)」と賞賛されている。特に「ジビエ」に造詣が深く「鹿肉」を自身のスペシャリテにしている。えりなからも感性と技術は人間業を超え、美食をつかさどる神々の領域に踏み込んでいると評されている。一方、弱気すぎる性格から他人に作業を任せられないため作業工程は全て自分で行っている。

    【<食戟のソーマまとめ>遠月十傑評議会 元第一席 司英士【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ