みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ:鬼滅の刃 > その他

      mixiチェック

    鬼滅の刃』(きめつやいば、英題: Demon Slayer)は、吾峠呼世晴による日本漫画。またはそれを原作としたテレビアニメなど作品。略称は『鬼滅』。 大正時代を舞台に主人公がと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号
    340キロバイト (56,321 語) - 2020年8月21日 (金) 11:56



    (出典 img.animanch.com)


    凄い!!
    他の漫画と比べて桁が1つ多い!!

    こんなに売れたのにエピローグが不評なんてかなしい。。。

    1 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ 2357-TnmL) :2020/07/08(水) 22:22:19.46


    鬼滅の刃 3,283,010
    ネバラン 335,322
    ヒロアカ 312,712
    キングダム 217,816
    ハイキュー 134,246
    Dr.STONE 129,404
    アクタ 117,960
    ブラクロ 93,620
    スパイ 83,514

    3,283,010 6/29~7/5
    3,016,305 2/3~2/9

    http://www.nhk.or.jp


    【【驚愕】『鬼滅の刃』328万部を一週間で売り上げ自己の記録を更新!!】の続きを読む

      mixiチェック

    鬼滅の刃 (竈門炭治郎からのリダイレクト)
    第5話) 時は大正。主人公・竈門炭治郎は亡き父親の跡を継ぎ、炭焼きをして家族の暮らしを支えていた。炭治郎が家を空けたある日、家族は鬼に惨殺され、唯一生き残った妹・竈門禰󠄀豆子も鬼と化してしまう。禰󠄀豆子に襲われかけた炭治郎を救ったのは冨岡義勇と名乗る剣士だった。義勇は禰󠄀豆子
    340キロバイト (56,321 語) - 2020年8月21日 (金) 11:56



    (出典 herewe5.xyz)


    沢山の候補がいるみたいだけど、

    第1位 橋本環奈
    第2位 広瀬すず
    第3位 今田美桜

    1位は『橋本環奈』ですね!

    私的には『広瀬すず』推しかな!

    皆さんは誰が良いでしょうか?

    1 muffin ★ :2020/07/16(木) 00:41:16.58

    https://rankinclip.com/kimetsunoyaiba-nezuko-actress-ranking/
    2020.07.15

    本日のランキングは「『鬼滅の刃』が実写化するなら禰豆子を演じてほしい女優ランキング」です。
    自分の好きな女優さんがマンガ原作の実写映画で主人公やヒロインを演じてくれると、ついつい映画館に足を運んでしまいますよね。

    第1位 橋本環奈
    第2位 広瀬すず
    第3位 今田美桜
    第4位 平手友梨奈
    第5位 浜辺美波
    第6位 芦田愛菜
    第7位 本田望結
    第8位 清野菜名
    第9位 清原果那 
    第9位 川口春奈
    第11位 久間田琳加
    第12位 鈴木梨央 
    第12位 高橋ひかる

    第1位は「橋本環奈」さんでした!
    『銀魂』の神楽や『斉木楠雄のΨ難』の照橋さん役など、実写化ジャンプヒロインのイメージが強い橋本環奈さんが納得の第一位に。
    橋本環奈さんは愛らしいお顔立ちで小柄なので、10代前半の禰豆子を演じても、違和感なくハマりそう。
    再現度が高い禰豆子になりそうですね。

    有効回答数:453票
    集計期間:2020-07-02 12:00 ~ 2020-07-08 01:00
    集計方法:RankinClip編集部にて独自の設問を作成し、RankinClipのサイト内にてアンケートを行いその結果を集計しました。


    【【驚愕】『鬼滅の刃』が実写化するなら禰豆子を演じてほしい女優ランキング 3位 今田美桜、2位 広瀬すず 、1位は!?】の続きを読む

      mixiチェック

    池田 美優(いけだ みゆう、1998年10月30日 - )は、日本のファッションモデル、タレント。芸能事務所はSGMを経てPANORAMAに所属。静岡県浜松市出身。現在は東京都北区赤羽在住。 愛称は「みちょぱ」。名前の「み」と漫画『ONE PIECE』に登場するキャラクター・トニートニー・チョッパーを組み合わせて、自ら名付けた。
    17キロバイト (2,145 語) - 2020年9月1日 (火) 01:00



    (出典 saitomo0908.com)


    尾田氏の直筆イラストとは羨ましい!!!

    1 湛然 ★ :2018/11/22(木) 05:07:54.11

    2018.11.21 13:15
    あだ名の由来が“チョッパー”のみちょぱ、尾田栄一郎氏直筆イラストに感激「生きてきてよかった!!

     モデルでタレントの池田美優が自身のInstagramにて、大ヒット漫画『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎氏から直筆イラストをもらったことを報告し、反響を呼んでいる。

     同投稿で池田は、「まさかのまさかのあの、、尾田栄一郎さんから、、頂きました」と感激の様子で、『ONE PIECE』の作者の尾田氏から、自身のあだ名“みちょぱ”の由来でもあるトニートニー・チョッパーの直筆イラストをもらったことを報告。

     続けて、「小5の時に勝手にチョッパーの名前をとってみちょぱってあだ名をつけてここまで生きてきてよかった!!!!後ろにはハンコックスーパーかっこよかったですってコメントも書いてくださり、、、、もう感動しかない!!ありがとうございます!!!!」と溢れる思いをつづった。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    [michopa1030]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    https://abematimes.com/posts/5279230

    【【芸能】あだ名の由来が“チョッパー”のみちょぱ、尾田栄一郎氏直筆イラストに感激】の続きを読む

      mixiチェック

    <鬼滅の刃まとめ>その他 真菰【画像あり】


    殆ど一人で討伐していたため、その年の選別での死者は彼だけだった。またこの過去が義勇の心に深く翳を落とすこととなる。 真菰まこも) 声 - 加隈亜衣 演 - 其原有沙 炭治郎の姉弟子。花柄の着物を着た不思議な雰囲気の可憐な少女。錆兎とは血縁関係はない。狐面には右頬に花が描かれている。錆兎と共に炭治
    296キロバイト (47,554 語) - 2020年5月7日 (木) 13:14



    炭治郎の姉弟子。花柄の着物を着た不思議な雰囲気の可憐な少女。錆兎とは血縁関係はない。狐面には右頬に花が描かれている。錆兎と共に炭治郎の前に現れ、体捌きの改善点を指摘したり身体能力を強化する全集中の呼吸を教えた。剣士としては、素早いが小柄で非力であったという。
    孤児の自分達を育ててくれた鱗滝を慕っていたが、手鬼に遭遇し、彼が鱗滝からの厄除の面を目印に自分の先輩達を狙って食い殺していた事実に動揺してしまい、殺される。

    【<鬼滅の刃まとめ>その他 真菰【画像あり】】の続きを読む

      mixiチェック

    <鬼滅の刃まとめ>その他 錆兎【画像あり】


    鬼滅の刃 (カテゴリ 兄弟姉妹を題材した漫画作品)
    にすることすらなく、60年後に老いた身で巌勝=黒死牟再会、全く衰えぬ剣技で巌勝に死を覚悟させるも、寿命で力尽きる。 錆兎さびと) 声 - 梶裕貴 演 - 星璃 炭治郎の兄弟子。右頬に大きな傷跡が描かれた狐面をつけた、宍色の髪の少年。素顔も狐面同じ位置に傷跡がある。厳格だが正義感が強く、心優しい
    296キロバイト (47,554 語) - 2020年5月7日 (木) 13:14



    炭治郎の兄弟子。右頬に大きな傷跡が描かれた狐面をつけた、宍色の髪の少年。素顔も狐面と同じ位置に傷跡がある。厳格だが正義感が強く、心優しい性格。大岩斬りの課題が難航している炭治郎の前に現れ、半年間剣の訓練を施した。炭治郎からも絶賛される流麗で卓越した剣技の持ち主。
    手鬼に殺されて死んでおり、炭治郎に稽古をつけた彼は亡霊である。入隊試験で手鬼に遭遇するも、固い首を切り裂けず刀が折れてしまい、頭を潰され殺された。
    歴代の鱗滝水流派13人中最強。天涯孤独の身で鱗滝に入門した。冨岡義勇とは同い年で同門の親友[87]。姉に庇われて生き残ったことを嘆く義勇を厳しく叱咤し、彼女が身を呈して繫いでくれた命をさらに繫げていくことを諭した。13歳の時に義勇と共に最終選別を受け、前述通り手鬼との戦闘で命を落としたが、藤襲山の鬼を殆ど一人で討伐していたため、その年の選別での死者は彼だけだった。またこの過去が義勇の心に深く翳を落とすこととなる。

    【<鬼滅の刃まとめ>その他 錆兎【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ