みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ:鬼滅の刃 > 鬼殺隊関係者


    <鬼滅の刃まとめ>元鬼殺隊 継国縁壱【画像あり】


    父親と母親、妹の寿美(すみ)、貞子(ていこ)と弟の弘(ひろし)、こと、就也(しゅうや)で、父親は恨みを持つ者、弟妹達は鬼となった母親、母親は実弥によってそれぞれ殺害された。 継国 縁壱つぎくに よりいち) 日の呼吸の剣士にして、「始まりの呼吸の剣士」。戦国時代に、現在の鬼殺隊の基盤を作った鬼狩り。生まれつき額から目元まで
    296キロバイト (47,554 語) - 2020年5月7日 (木) 13:14



    日の呼吸の剣士にして、「始まりの呼吸の剣士」。戦国時代に、現在の鬼殺隊の基盤を作った鬼狩り。生まれつき額から目元まで炎の痣を持ち「透き通る世界」にも入っていて人とは感覚がずれている。日輪が描かれた花札風の耳飾りを付けている。日輪刀の色は漆黒だが、戦闘の際は、赫刀となる。
    無惨を追い詰めたが取り逃がし、時を同じくして兄の巌勝は鬼に堕ちてしまった。己の無力に望みを失って放浪していた頃に、竈門炭吉と出会い友人となった。痣の寿命で早死にすることすらなく、60年後に老いた身で巌勝=黒死牟と再会、全く衰えぬ剣技で巌勝に死を覚悟させるも、寿命で力尽きる。

    【<鬼滅の刃まとめ>元鬼殺隊 継国縁壱【画像あり】】の続きを読む


    <鬼滅の刃まとめ>時透家 時透有一郎【画像あり】


    る。妓夫太郎との戦闘では藤の毒を塗ったクナイでサポートを行った。 時透 有一郎ときとう ゆういちろう時透一郎の双子の兄。容姿はほぼ瓜二つだが、無一郎に比べると目つきが鋭く、吊り眉。 一人称は「俺」であり、無一郎が「記憶の無いの僕は兄に似ていた気がする」と回想している通り、彼のように現実主義的で辛辣な言動の人物だった。
    296キロバイト (47,554 語) - 2020年5月7日 (木) 13:14



    時透無一郎の双子の兄。容姿も瓜二つだが、無一郎に比べると目つきが鋭く、吊り眉。
    一人称は「俺」であり、無一郎が「記憶の無い時の僕は兄に似ていた気がする」と回想している通り、彼のように現実主義的で辛辣な言動の人物だった。
    風邪を拗らせて死んだ母や彼女のために薬草を採りに行き、崖から落ちて死んだ父を「馬鹿の極み」と酷評していた。そんな態度を咎める無一郎も「無一郎の無は無能の無、無意味の無」と揶揄したり、訪ねてきたあまねにも非常に攻撃的な対応をして追い返していた。兄弟仲は険悪で日常的に喧嘩ばかりしていたが、本来は家族を思いやる優しい少年であり、あまねを邪険に扱っていたのも残された弟を失いたくないという想いからのものだった。鬼の襲撃を受けて致命傷を負った際には自身の本心を無一郎に告げ、最期まで弟の無事を祈りながら息絶えた。

    【<鬼滅の刃まとめ>時透家 時透有一郎【画像あり】】の続きを読む


    <鬼滅の刃まとめ>煉獄家 煉獄千寿郎【画像あり】


    煉獄 瑠火(れんごく るか) 煉獄寿郎の妻で杏寿郎千寿郎兄弟の母親。故人。聡明かつ芯の強い女性であり、病で床に臥せって死期が近い事を悟りながらも強く生まれた者の責務を杏寿郎に説き、彼の人生観に多大な影響を与えた。 煉獄 千寿郎れんごく せんじゅろう) 杏寿郎
    296キロバイト (47,554 語) - 2020年5月7日 (木) 13:14



    杏寿郎の弟。穏やかで礼儀正しい性格。本来なら炎柱の継子となる立場であったが、剣才に恵まれなかったことから剣士の道を諦め、自分なりのやり方で人の役に立てる道を探す決意を固めた。兄の最期とその遺言を語った炭治郎に、彼の日輪刀の鍔を贈る。その後も炭治郎と手紙でやり取りをしている模様。

    【<鬼滅の刃まとめ>煉獄家 煉獄千寿郎【画像あり】】の続きを読む


    <鬼滅の刃まとめ>竈門一家 竈門炭十郎【画像あり】


    鬼滅の刃 (竈門炭治郎からのリダイレクト)
    治郎とは意志疎通ができている。機械的な鎹鴉に比べてかなり豊かなキャラクター性が与えられており、善逸を叱咤しつつも鼓舞する場面も多い。 家族を鬼に殺されており、少しでも役に立ちたいという思いから伝令役を志願している。他の鴉からは可愛がられている。 竈門 炭十郎かまど たんじゅうろう) 声 -
    296キロバイト (47,554 語) - 2020年5月7日 (木) 13:14



    炭治郎と禰豆子の父。病弱で長く床に臥せっており、物語開始前に死去している。竈門家は代々炭焼きの家系で、日輪の耳飾りとヒノカミ神楽を伝承している。また、伝承者には才能の顕れとして生まれつき「痣」があったという。竈門家の跡継ぎの男子は顔もよく似ており、炭治郎の血の記憶には、炭吉という人物が「とある剣士」と縁あったことが刻まれている。

    【<鬼滅の刃まとめ>竈門一家 竈門炭十郎【画像あり】】の続きを読む


    <鬼滅の刃まとめ>刀鍛冶の里長 鉄地河原鉄珍【画像あり】


    鬼滅の刃 (カテゴリ ISBNマジックリンクを使用しいるページ)
    鉄地河原 鉄珍てっちかわはら てっちん) 刀鍛冶の里長。小柄で言動が軽い好々爺で鋼鐵塚蛍の名付け親。 担当の剣士甘露寺蜜璃と胡蝶しのぶで、彼女らの特性を最大限に活かす特殊な刀を鍛造した。 刀鍛治の技術里の中で最も優れおり、刀を折
    296キロバイト (47,554 語) - 2020年5月7日 (木) 13:14



    刀鍛冶の里長。小柄で言動が軽い好々爺で鋼鐵塚蛍の名付け親。
    担当の剣士は甘露寺蜜璃と胡蝶しのぶで、彼女らの特性を最大限に活かす特殊な刀を鍛造した。
    刀鍛治の技術は里の中で最も優れており、刀を折ったことを反省する炭治郎に対し「すぐ折れるような刀を作る方が悪い」と一蹴するなど高いプロ意識を持つ。

    【<鬼滅の刃まとめ>刀鍛冶の里長 鉄地河原鉄珍【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ