みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ:ワンピース > バロックワークス


    任務の時にしか動かない。メンバーにはそれぞれ好みの茶があるという裏設定がある。 Mr.1 声 - 稲田徹 B・Wオフィサーエージェント。本名はダズボーネス。異名は「殺し屋」。懸賞金7500万ベリー。 「西の海」出身。29歳→31歳。誕生日は1月1日。身長212cm。やぎ座。血液型F型。好きな食べ
    50キロバイト (7,613 語) - 2020年3月17日 (火) 02:31



    (出典 meigenkakugen.net)


    Mr 1 vs Zoro 1

    (出典 Youtube)


    胸に「壱」という文字の刺青を入れた丸刈り頭の男。ストイックかつ寡黙で、馴れ合いを好まない性格。オフィサーエージェント最強の実力者。B・W加入前は「西の海」の名の知れた賞金稼ぎだった。思い描く理想は「英雄(ヒーロー)」。B・W所属時の船は「キルサスーン号」。
    超人系悪魔の実「スパスパの実」の能力者。全身を硬い刃物に変えられる「全身刃物人間」。刀の峰にあたる部分はなく、服や靴も刃物に変わる。能力者になってからは、ゾロに敗れるまで剣士には傷一つつけられたことがなかった。
    ユートピア作戦ではミス・ダブルフィンガーと共に、ナノハナに武器商船を突撃させ、Mr.2の変身を目撃した少年カッパを口封じのため攻撃し重傷を負わせた。アルバーナではメディ議事堂の表通りにてゾロと対峙し、ゾロの猛攻を無傷で凌ぎ一時はゾロを瀕死に追いやるが、窮地に陥ったことで鉄を斬る力を会得したゾロの「獅子歌歌」により敗れた。その後、他のエージェントと共に海軍の留置所に収容され、救出に来たミス・ゴールデンウィーク達から脱獄に誘われるが、クロコダイルと共に拒否し、留置所に残りインペルダウンに連行された。
    インペルダウンではLEVEL4に収監されていたが、ルフィらの集団脱獄の際に先に解放されたクロコダイルの誘いで共に脱獄する。マリンフォード頂上戦争でもクロコダイルと行動し、一時は白ひげ海賊団と戦っていたが、後にクロコダイルの命令によりルフィを援護した。その際ミホークとも一戦を交えるが、一太刀のもとに斬り伏せられた。終戦後はクロコダイルと共に新世界へ向かう。

    【<2chまとめ>バロックワークス Mr.1/ダズ・ボーネス【画像あり】】の続きを読む


    <ワンピースまとめ>バロックワークス ミス・ダブルフィンガー【画像あり】


    ミス・ゴールデンウィークらと共に脱獄。思い描く理想「酒場のポーラ」の通り、脱獄仲間と共に「NEWスパイダーズカフェ」を経営するようになる。 技一覧 ダブルスティンガー 腕を棘に変える。連続突きも可能。 スティンガーフィンガー 五本指を棘に変える。 スティンガーヘッジホッグ 体を丸め全身に棘を生やし突進攻撃を仕掛ける。
    50キロバイト (7,613 語) - 2020年3月17日 (火) 02:31



    常にクネクネした動きをしている女性。パーマをかけた長髪と蜘蛛の巣のような露出度の高い衣装が特徴。表向きは、ポーラの名で「スパイダーズカフェ」の店主を務めていた。このときは眼鏡をかけ、頭にバンダナを巻いていた。個性的な面々が多いオフィサーエージェントの中では比較的常識人で、まとめ役をすることが多い。コードネームのダブルフィンガーは、両手の人差し指を立てた状態を指し、「1月1日」すなわち元日を意味する。
    超人系悪魔の実「トゲトゲの実」の能力者。全身から鋭い棘を生やすことができる「棘人間」。体のツボを刺して一時的なドーピングも可能。
    ユートピア作戦ではMr.1と共にナノハナに武器商船を突撃させる。アルバーナではメディ議事堂の裏通りにてナミと戦う。実戦経験の差からナミを追い詰めるが、「天候棒」の意外な性能に翻弄され、最後は「トルネード=テンポ」で吹き飛ばされ敗れた。その後、海軍の留置場に捕らわれていたが、ミス・ゴールデンウィークらと共に脱獄。思い描く理想「酒場のポーラ」の通り、脱獄仲間と共に「NEWスパイダーズカフェ」を経営するようになる。

    【<ワンピースまとめ>バロックワークス ミス・ダブルフィンガー【画像あり】】の続きを読む


    <ワンピースまとめ>バロックワークス Mr.2/ボンクレー【画像あり】


    ONE PIECE ONE PIECEの用語一覧 > バロックワークス ONE PIECEの登場人物一覧 > バロックワークス バロックワークス(Baroque Works, 略称:B・W)は、漫画『ONE PIECE』に登場する架空の犯罪組織。 王下七武海の一人(当時)であるサー・クロコダイルが
    50キロバイト (7,613 語) - 2020年3月17日 (火) 02:31



    常にテンションが高く、騒々しいオカマ。「2」と白鳥を模したシャツを着用。オカマのため、オフィサーエージェントの中では唯一女性のパートナーがおらず、代わりに直属の部下たちを率いている。コードネームも2つ持っている(ボン・クレーは「盆暮れ」から)。服の背中には「おかま道(ウェイ)」と書かれている。風貌や言動こそキテレツだが、友情を何よりも重んじ、義理人情にも厚い古風な性格の持ち主である。一人称は「あちし」。好きな言葉は「あやふや」。口癖は「ジョ───ダンじゃな───いわよ───う!」で、普段はオネエ言葉で話す。
    超人系悪魔の実「マネマネの実」の能力者。右手で触れた人物の特徴を記憶して、自由に変身することができる。変身は自分の左手で左頬に触れると解除される。この能力を使い敵を欺く偽装工作を得意とし、多くの敵を翻弄している。バレエの様な足技が主体の「オカマ拳法」[注 5]の使い手であり、「アン、ドゥ、オラァ(クラァ)!!」の掛け声に合わせた攻撃を放つ戦法を基本とし、回避されても柔軟な動きで相手の軌道を捉え、次の攻撃へ繋げていく。ただし、ボン・クレー特有の柔軟な肉体があってこその拳法であることから、他人に変身している時は「オカマ拳法」を使えない弱点を持つ。
    Mr.3の抹殺任務でリトルガーデンに向かうが、そのことを予測していたMr.3が行方をくらませたことで任務に失敗。アラバスタへの帰還途中にルフィたちと出会い、互いに敵同士だと気づかずに意気投合した。ナノハナでは国王コブラに変身し、コーザら反乱軍の前でダンスパウダーによる降雨独占を認める発言をして、反乱を煽り立てた。アルバーナではウソップからゴーグルを奪い変装してビビに接触したが、あらかじめゾロが仕込んでいた二段構えの対抗策で変装を見破られる。宮殿を目指すビビを執拗に追い詰め、ポルカ通りでサンジと対峙する。一時はサンジが女に手を出せないことを見抜きナミに変身し一方的に痛めつけたが、変身の解除方法を見抜かれたことで反撃を許し激しい死闘の末に敗れるものの、友情が芽生えた。クロコダイルがルフィに敗れた後はいち早く息を吹き返し、麦わらの一味のアラバスタ脱出の際にはルフィたちの仲間を想う姿勢に感動し、自ら囮となり身を挺して海軍に戦いを挑むが、敗北して捕えられる。
    その後脱獄に成功し、3200万ベリーの懸賞金が懸けられる。キューカ島にて海軍に捕われたミス・バレンタインを助けるため、再びヒナと対決。ミス・バレンタインの救出には成功したが、逮捕され、インペルダウンに連行される。
    インペルダウンではLEVEL3に収監されていたが、Mr.3の手で脱獄し、インペルダウンに侵入したルフィと再会。エース救出を試みるルフィの助太刀に加わり、行動を共にする。ルフィがマゼランに敗れた際は身を呈して救出に向かい、イワンコフによる治療の際は何時間も激励の言葉を送り続けた。脱獄の際は一人インペルダウンに残り、マゼランに変身して「正義の門」を開けさせ、本物のマゼランに単騎で戦いを挑んで敗北した。
    新世界編では、LEVEL5.5番地「ニューカマーランド」の新女王となっている。
    担当声優の矢尾は、作者の尾田と一緒に行った福岡のオカマバーにいた元気なオカマがボン・クレーのモデルではないかと述べている。

    【<ワンピースまとめ>バロックワークス Mr.2/ボンクレー【画像あり】】の続きを読む


    <ワンピースまとめ>バロックワークス Mr.3/ギャルディーノ【画像あり】


    3 声 - 檜山修之 B・Wオフィサーエージェント→バギーズデリバリー幹部。本名はギャルディーノ。異名は「闇金ギャルディーノ」。懸賞金2400万ベリー。 「南の海」出身。35歳→37歳。誕生日は33日(「Mr.3」から)。身長179cm。うお座。血液型F型。好物は紅茶(アールグレイ)、紅茶に合うクッキー。
    50キロバイト (7,613 語) - 2020年3月17日 (火) 02:31



    「姑息な大犯罪」をモットーとするB・Wきっての頭脳派。自身の能力で様々な造形物を作り出す「造形美術家」。戦闘力はMr.4に劣るが、綿密な策略と任務に対する執念深さをクロコダイルに買われ、Mr.3の地位を手に入れた。変装と潜入の達人で[8]、頂上戦争では多くの海兵を欺きエース救出に貢献している。「3」をあしらったメガネを掛けており、「3」の形をした丁髷の髪型をしている。語尾に「ガネ」と付ける。B・W加入前は闇金業者で、業界では有名だった[15]。
    超人系悪魔の実「ドルドルの実」の能力者。蝋を体から放出し、操ることができる「キャンドル人間」。固まった蝋は鉄に匹敵する硬度を持つが、火や熱に弱い。能力を使う際、頭の丁髷に火が灯る。また、能力を動力源とした船「智略天然丸」を持っていた。
    リトルガーデンでは、ルフィ達の抹殺とドリー・ブロギーの首を狙う。巨人達の決闘を妨害し、Mr.5ペアと共に様々な策でルフィ達を陥れたがウソップの機転でゾロ達の解放を許してしまい最後はルフィに倒された。その後、自らに抹殺指令が下ると予測し別経路でアラバスタに辿り着き、バンチの亀車に潜り込みレインディナーズのアジトでクロコダイルと対面し、再度チャンスを求める。しかし任務に失敗したことでクロコダイルに見放されバナナワニのエサにされる。自身の能力で身を守り無事だったが、脱出後にサンジにルフィ達が捕われた檻の合鍵を作らされた後一蹴されるなど散々な目に遭う[注 6]。
    B・W崩壊後はキューカ島に潜み、海軍に捕らわれたミス・バレンタインをよそに島から逃亡を図るが、Mr.2に見つかりボコボコにされ服を奪われる。その後ヒナに捕まり、インペルダウンに連行される。
    インペルダウンではLEVEL2に収監されており「恐怖をする余裕もないほど」にやつれていたが、ルフィ達によって檻から脱出。脱出後はバギーと結託し、囚人達を釈放することで混乱を招き脱獄を試みる。マゼランが迫ってきた際はルフィに協力してマゼランを足止めした。
    マリンフォード頂上戦争では、インペルダウンで自らを犠牲にしたMr.2の弔いのため、処刑人に変装してエースの処刑台に上り、エースの手錠の合鍵を作って彼の解放に協力する活躍を見せた。終戦後、バギー海賊団に加入。新世界編ではバギーズデリバリーの幹部となっている。

    【<ワンピースまとめ>バロックワークス Mr.3/ギャルディーノ【画像あり】】の続きを読む


    <ワンピースまとめ>バロックワークス ミス・ゴールデンウィーク【画像あり】


    ミスゴールデンウィークらと共に脱獄した。NEWスパイダーズカフェではウエイターを務めている。 技一覧 四百本猛打(バンク)ノック ラッスーの吐き出した大量のボール型爆弾を打ち飛ばす。 モグラ塚4番交差点 ミス・メリークリスマスによる「モグラ塚ハイウェイ」状態から、Mr.4が相手の頭を4tバットで打ち抜く連携攻撃。
    50キロバイト (7,613 語) - 2020年3月17日 (火) 02:31



    おさげ髪に大きな帽子をかぶった、小柄な体格の少女。普段は無表情で非常にマイペースなのんびり屋だが、仲間思いな一面を持ち大胆な行動力を見せることもある。オフィサーエージェントでは唯一の非戦闘員。思い描く理想は「画家」。
    感情の色を現実に作り出す「写実画家」。特殊な絵の具で人に暗示をかける「カラーズトラップ」という技を使う。
    リトルガーデンでは、カラーズトラップで単純なルフィを翻弄したが、Mr.3が敗れると逃走した。
    表紙連載『ミスG・Wの作戦名"ミーツバロック"』でその後が描かれた。B・W崩壊後も逮捕されずにMr.5ペアと共にリトルガーデンに残っていたが、B・W崩壊を新聞で知り、Mr.5ペアと共にリトルガーデンを脱出。キューカ島では、一時海軍に捕らわれたミス・バレンタインをMr.2の協力により救出。その後、海軍の留置場に潜入し、オフィサーエージェントたちの脱獄を手引きした。NEWスパイダーズカフェでは絵を描いている。

    【<ワンピースまとめ>バロックワークス ミス・ゴールデンウィーク【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ