みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。

    カテゴリ:ワンピース > 革命軍


    <ワンピースまとめ>革命軍イナズマ【画像あり】


    ドレスローザ編では、仲間の元へ向かうサボを送り届けた。世界会議編では、サボたちと共にマリージョアに潜入する。 イナズマ 声 - 浜田賢二(男)、庄司宇芽香(女) 革命軍幹部。革命軍「G」副隊長。イワンコフの部下。 「南の海」出身。27歳→29歳。誕生日は8月3日。身長228cm。しし座。血液型F型。好物はガーリックシュリンプ。
    460キロバイト (75,789 語) - 2020年3月18日 (水) 10:51



    サングラスや髪の色も含め、服の右半分が白色、左半分がオレンジ色をしているのが特徴。性別を超越した「新人類」の一人で、登場のたびに男性であったり女性であったりする。冷静沈着な性格でイワンコフを的確にサポートする。常にワイングラスを持っている。後述の能力から、ルフィには「カニちゃん」と呼ばれる。アニメでは、過去にサボなど革命軍の少年兵に座学を行っていた。
    超人系悪魔の実「チョキチョキの実」の能力者。腕を大きなハサミに変え、切り出したものを紙のように扱える「ハサミ人間」。
    インペルダウンのLEVEL5「極寒地獄」にて力尽きたルフィとボン・クレーを、ニューカマーランドに運び入れた。脱獄する際にイワンコフと共にマゼランを足止めするが敗北。その後、復活したイワンコフに助けられ脱獄するが、治療に専念するためリタイアさせられる。頂上戦争中はイワンコフの髪の中に隠れており、戦争終盤にエースの処刑台への橋を作り、ルフィを援護した。海軍本部から脱出する際に赤犬に倒されるが、生き延びてカマバッカ王国へと帰還した。

    【<ワンピースまとめ>革命軍イナズマ【画像あり】】の続きを読む


    <ワンピースまとめ>革命軍エンポリオ・イワンコフ【画像あり】


    「火炎」竜王(「かえん」りゅうおう) 燃える竜爪拳。炎を纏わせた腕を回転させながら繰り出す「竜の鉤爪」。 エンポリオ・イワンコフ 声 - いまむらのりお(438話 - 452話)→岩田光央(461話 - ) 革命軍幹部。革命軍「G(グランドライン)」軍隊長。カマバッカ王国女王(永久欠番)。異名は「オカマ王」。
    460キロバイト (75,787 語) - 2020年3月17日 (火) 14:08



    頭部が大きい、オカマの大男。紫色のアフロヘアーや長いまつげなど、インパクトの強い外見をしている。オネエ言葉で話し、一人称が「ヴァターシ」、二人称が「ヴァナタ」「○○ボーイ」、語尾に「ブル」をつける、口癖が「ヒーハー」、言った事を直後にノリツッコミのように否定する(この時、部下はツッコミつつも歓声を挙げる)といった独特の言い回しをする。見た目や言動はエキセントリックだが、経験・知識豊富な実力者。数々の人や国を救った「奇跡の人」として知られるが、本人はそう呼ばれることを否定している。通称「イワさん」。ルフィからは「イワちゃん」、部下からは「イワ様」、ドラゴンからは「イワ」と呼ばれている。ルーキー時代のクロコダイルと面識があり、何らかの弱みを握っている。
    超人系悪魔の実「ホルホルの実」の能力者。様々なホルモンを指先から注入できる「ホルモン自在人間」。性別・体温・色素・成長・テンションなど、人間を内側から変えてしまう人体のエンジニア。「ニューカマー拳法」の使い手で、肉弾戦にも長けている。
    数年前からインペルダウンに収容されたまま行方不明となっていたが、実は密かにLEVEL5.5「ニューカマーランド」を作り上げ、同志「新人類(ニューカマー)」を増やしつつ決起の時をうかがっていた。マゼランに敗れて死ぬ寸前のルフィを救助し、彼がドラゴンの息子と判明したことでルフィの護衛を買って出ることを決め、同志と共に脱獄を決意する。脱獄の途中、ルフィがマゼランとの戦闘で毒を受け敗北するが、「治癒ホルモン」と「テンションホルモン」を使って回復させる。その後、倒れたイナズマを連れマゼランに追いつめられるルフィたちを助け脱獄に成功した。
    マリンフォード頂上戦争にて、七武海にして革命軍の同僚であるくまが人間兵器に改造されたことをドフラミンゴから知る。当初は全く信じようとせずくまの事を心配していたが、彼がニューカマーたちを傷つけたことに怒り戦いを挑んだ。終盤、瀕死のルフィの頼みにより、2回目の「テンションホルモン」をルフィに投与。エースの戦死後は、ルフィを守るためにイナズマと共に赤犬と交戦するが、返り討ちにされた。終戦後はハンコックが奪った軍艦に潜り込み、ルフィと合流。ジンベエらにルフィを任せてカマバッカ王国へと帰還し、そこに飛ばされていたサンジと対面。ルフィからのメッセージを受け取ったサンジの熱意に応え、「攻めの料理」を教えるための試練を仕掛けた。

    【<ワンピースまとめ>革命軍エンポリオ・イワンコフ【画像あり】】の続きを読む


    切り離した物を相手に向かって飛ばし、足止めする。 あひるさん 革命軍「東」副隊長。左手が機械の義手の女性。 コアラ 声 - ゆきのさつき 革命軍幹部。魚人空手師範代。 「偉大なる航路」フールシャウト島出身。23歳。誕生日は10月25日。身長160cm。さそり座。血液型F型。好物は五目ちまき。 革命軍
    460キロバイト (75,787 語) - 2020年3月17日 (火) 14:08



    (出典 onepiec.animepopn.com)




    革命軍に所属する女性兵士。オレンジ色のショートヘアーで、ニーソックスやフリルがついた服装をしており、サングラスをつけた赤いキャスケットを被っている。面倒見がよく、同僚のサボのことは「君」付けで呼び、立場を無視してよく単独行動をとるサボには手を焼いている。一時革命軍に身を置いていたロビンとは親しい間柄で、ドレスローザで再会したときは抱き着いて喜んでいた。
    かつて、聖地マリージョアで天竜人の奴隷として働かされていた。15年前、冒険家フィッシャー・タイガーによってから奴隷から解放され、その3年後、故郷のフールシャウト島まで送り届けてもらうため、とある島からタイヨウの海賊団の船に乗船することになった。奴隷の生き方が体に染みついていたため、怯えながらも常に笑顔を絶やさずにいたが、タイガーに背中にあった天竜人の烙印を消され、代わりにタイヨウの海賊団のマークを入れてもらった。以降、魚人たちと過ごすうちに感情を取り戻した。その後、無事フールシャウト島に送り届けられたが、島の住民は天竜人の所有物であるコアラを見逃してもらう代わりにタイガーを見殺しにする取引を海軍と交わしていたため、タイガーが海軍に襲われたことを知らされることはなかった。
    その後、14歳の時にハックに連れられる形で革命軍に加入し、ハックに魚人空手を習い師範代にまでなった。また、相性がよかったことでサボ・ハックとのチームで任務を任されるようになり、頂上戦争後にはドラゴンからの指示で世界各地にいる革命軍幹部を集めた。
    ドレスローザ編で、大人に成長した姿で再登場。ドレスローザから流れる武器の流通の調査のため、サボ・ハックと共にドレスローザに潜入。サボがメラメラの実入手後、ロビンと再会。一旦調査のためコロシアム地下に留まり、再びサボと合流した後、市民の救助活動に努める。途中不穏な動きを見せるバージェスを発見し、サボに報告した。その後、交易港でドンキホーテファミリーと取引している者のリストを回収し、サボたちと共にバルティゴに帰還した。

    【<2chまとめ>革命軍コアラ【画像あり】】の続きを読む


    体を分裂させてカラスの大群を生み出し、操る能力を持つ。 ドレスローザ編では、仲間の元へ向かうサボを送り届けた。世界会議編では、サボたちと共にマリージョアに潜入する。 イナズマ 声 - 浜田賢二(男)、庄司宇芽香(女) 革命軍幹部。革命軍「G」副隊長。イワンコフの部下。 「南の海」出身。27歳→29歳。誕生日は8月
    460キロバイト (75,787 語) - 2020年3月17日 (火) 14:08



    (出典 onepiece.animerejend.com)


    若くして革命軍No.2の立場である青年。ゴーグル付のシルクハットや黒いコート、青い上着に首に巻いたスカーフが特徴。子供の頃は短髪に欠けた歯が特徴で、現在は髪をやや伸ばし顔の左側に大きな火傷の痕がある。エース・ルフィとの絆は何よりも強く、ルフィに危機が迫れば世界のどこにいようと立場を押して駆けつけると決意している。基本的には気さくで冷静な性格である一方、エースやルフィと同様に感情に任せて単独行動をとることも多い。仲間との通信では自分の要件だけ言ってすぐに切ってしまうため、同僚のコアラやハックをよく困らせている。また、ルフィ同様人の名前を正確に覚えず変わったあだ名で呼ぶことがある。幼い頃は、3人の中で最も落ち着いた性格で、当時はやや荒々しかったエースをなだめることが多かった。
    「武装色の覇気」を纏った「竜爪拳(りゅうそうけん)」という拳法を駆使する。金属を簡単に握り潰す「竜の爪」と称する強力な指の力を持つ。ドレスローザ編で自然系悪魔の実「メラメラの実」の能力者となり、炎の攻撃を組み合わせるようになる。武器は、幼少期から使っている鉄パイプ。

    【<2chまとめ>革命軍サボ【画像あり】】の続きを読む


    モンキーDドラゴン 声 - 柴田秀勝 革命軍総司令官。ルフィの父親で、ガープの息子。 「東の海」ゴア王国出身。53歳→55歳。誕生日は10月5日。身長256cm。てんびん座。血液型F型。好物はボカディート。 世界政府を直接倒そうとしている革命
    460キロバイト (75,787 語) - 2020年3月17日 (火) 14:08



    (出典 d-manga.net)


    世界政府を直接倒そうとしている革命家であり、世界各地でクーデターを起こしている。黒いローブを身に纏い、左顔面を縦断する大きな刺青がある。ルフィやガープとは似つかない冷静で落ち着いた性格だが、仲間からの強い信頼や自分の信念を徹底的に貫くという点は共通している[注 6]。勝利に浮かれる仲間を叱責するなど革命軍の活動は「戦争」と割り切っている。仲間にも素性の詮索をさせない性格であるため、一切素性が掴めないとされており、長い付き合いであるイワンコフですらルフィがドラゴンの息子であることを全く知らなかった。ガープとは敵対する立場であるものの縁は切れておらず、何らかの手段で接触している模様。ルフィに対しては思うがまま生きるがいいと活躍を喜んでおり、いつの日か訪れる再会を望んでいる。風に吹かれている時いつも東を向く癖がある。
    12年前、故郷ゴア王国で出会ったサボの「貴族に生まれて恥ずかしい」という必死な想いを汲み、グレイ・ターミナルの大火事から人々を救出。ゴア王国のように不要なものを淘汰する隔離社会を「世界の未来の縮図」と考え、世界を変えるためイワンコフ、くま達と決起した。その翌日、天竜人の砲撃を受け海に沈められたサボを救出。ゴア王国に帰ることを拒むサボを革命軍に加え、戦闘の師としてサボを鍛え上げた。8年前には、「世界会議」の議題にも取り上げられるほど世界政府に危険視される存在となり、現在では世界に知らぬ者はいない「世界最悪の犯罪者」として悪名を馳せている。

    【<2chまとめ>革命軍モンキー・D・ドラゴン【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ