【画像あり】小学館漫画賞受賞作品をアニメ化!『妖しのセレス』


妖しのセレス』(あやしのセレス)は、渡瀬悠宇による日本少女漫画作品。また、それを原作にしたテレビアニメ。 天女を題材にし、サスペンスやSF要素を織り交ぜたファンタジー漫画。キャッチコピーは天空お伽草子。 『週刊少女コミック』(小学館)にて連載された。第43回(平成9年度)小学館漫画賞を受賞ている。
30キロバイト (4,423 語) - 2020年2月26日 (水) 10:13



御景妖は、御景財閥を擁する御景家の一族ではあるものの、両親と双子の兄である明と共に、ごく普通の女子高生として暮らしていたが、16歳の誕生日に、本家に呼び出された時から人生が一変する。一族が揃う中、妖は自らが、御景家の祖先であり一族の災いの元になるという天女の力を最も強く引き継ぐ生まれ変わりであることを知る。その場で災いを恐れる親族一同に殺されそうになるが、危機を察した天女の血を引くという女性梧納涼に助けられる。納涼とその義弟雄飛に保護された彼女は、梧家に居候することになり、やがて妖は自らの先祖である天女セレスに目覚めていく。

【【画像あり】小学館漫画賞受賞作品をアニメ化!『妖しのセレス』】の続きを読む