花束みたいな恋をした』(はたばみたいなこいをした)は2021年1月29日に公開された日本映画。 監督は土井裕泰、主演は菅田将暉と有村架純。脚本家・坂元裕二のオリジナル脚本による恋愛映画で、主人公の男女による5年間の恋を描く。略称は「はな恋」。 脚本執筆の段階で主役に有村と菅田の2人
8キロバイト (880 語) - 2021年2月8日 (月) 02:21



(出典 pbs.twimg.com)


最近、鬼滅の刃の勢いが衰えてきたかな!?

それでも2位をキープしてる鬼滅の刃も凄いね!

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/08(月) 14:13:50.64 ID:CAP_USER9.net

2/8(月) 14:10
オリコン

映画『花束みたいな恋をした』、『鬼滅の刃』抑え2週連続動員1位
映画『花束みたいな恋をした』が興行収入ランキング第1位に (C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会
 最新の週末映画動員ランキング(6日~7日集計 興行通信社調べ)が8日に発表された。大ヒットを記録しているアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(昨年10月16日公開)を抑え、俳優の菅田将暉と女優の有村架純がW主演を務める映画『花束みたいな恋をした』が2週連続で1位となった。

 本作は、『東京ラ*トーリー』(91年)、『Mother』(10年)、『最高の離婚』(13年)など多くの連続ドラマを手掛けている脚本家・坂元裕二氏が“2020年の東京”を舞台に書き下ろしたオリジナルラ*トーリー。

 菅田演じる山音麦(やまね・むぎ)と有村演じる八谷絹(はちや・きぬ)は、明大前駅で終電を逃したことで偶然出会った大学生。好きな音楽や映画がほとんど同じで、恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同せいを始める。拾った猫に2人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店してもスマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に就職活動を続けるが──。ずっと一緒にいたいと願い続けた麦と絹が過ごした“最高の5年間”が描かれる。

 これまで週末動員1位を累計14回記録していた、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は前週に続いて2位となっている。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e1a9bae16f7217c3d106a93ca9dbfb8eedce19c1


【【映画】『花束みたいな恋をした』、『鬼滅の刃』抑え2週連続動員1位】の続きを読む