<NARUTOまとめ>音隠れの里 薬師カブト【画像あり】


ており、表向きはナルトたち木ノ葉上層部に技術供与などで協力つつも、その機会を虎視眈々と伺っている。また、人造人間の「ミツキ」を創造・育成、情報収集と当人の成長のために木ノ葉隠れに送り込んでいる。 薬師カブトやくし カブト - 神奈延年水野マリコ少年期)、 - 木村達成
276キロバイト (55,010 語) - 2020年8月4日 (火) 05:37



大蛇丸の側近の医療忍者。銀色の髪を後ろに縛った髪型と眼鏡が特徴。一人称は「ボク」。高度な医療忍術と人並み外れた回復力、大蛇丸も凌駕するほどの分析力を備える。当初は表向きは温和でお人好しな性格を演じていたが、その本性は計算高く冷酷であり、物腰こそ柔らかいが慇懃無礼で情け容赦ない性格。自分のアイデンティティを求めることに執着し、ありとあらゆる力を集め完璧な存在になることで自分を証明しようとしたが、本当は過去の出来事から心にトラウマを抱えており、自身の存在を誰かに見てもらうことを常に求めていた。
幼少期に第三次忍界大戦中のところを、木ノ葉隠れの里の孤児院のマザーであるノノウに拾われた。その時には自身の名前を含むすべての記憶を失っていたため、彼が他の子供たちから兜を被せられていた姿を見たノノウから「薬師カブト」の名を与えられた。以降はノノウに同伴し、医療忍術の才能を生かして忍達の治療活動を行っていた。この頃には当時「根」に所属していた大蛇丸に出会い、根への勧誘を受けたが一旦は断っていた。しかしその後、ノノウがダンゾウに院の維持と引き換えに長期の潜入任務と人員の提供を要求されている場面を目撃し、彼女と院のために自ら志願して「根」に加入、様々な里をスパイとして回り続けながら幼年期を過ごした。
しかしある時、岩隠れの里への潜入中に敵の襲撃を受けて反撃し深手を負わせるも、その敵が同じく岩隠れの里に潜入していたノノウであったことに気付いて必死に助けようとするが、ノノウは自分の正体に気付かないまま死亡してしまう。愕然としていたところで自分に会いに来た大蛇丸と再会し、カブトとノノウがスパイとして優秀すぎた故に共倒れを狙った抹殺が決定していたこと、そしてノノウが根の洗脳工作によってカブトを別人と勘違いさせられた上でカブトの暗殺を命じられていたことを聞かされ激昂し、大蛇丸の勧誘を受けて里から抜ける道を選んだ。その後は大蛇丸と共に暁に加入するも、表向きは大蛇丸とは赤の他人を演じ、自身は大蛇丸とコンビを組んでいたサソリの部下として配属された。大蛇丸の脱退後も表向きには暁に服従しており、サソリからは大蛇丸のスパイ役を任されていた。
第一部での中忍試験では、前々からヨロイやミスミと共に下忍として里に潜入しており、開始前に素性を隠してナルト達に接触し、第二の試験の後半では行動を共にしてゴールを目指した。このためナルト達からは信用され「カブトさん」または「カブトの兄ちゃん」と呼ばれていた。第三試験では表向きは耳の怪我を理由として棄権し、その後は羅砂の暗殺や砂隠れの里との密約など「木ノ葉崩し」の準備を着々と進め、決行日である本戦では試験会場に潜入、そしてサスケ対我愛羅の試合の最中に、会場全体に効果を及ぼす高等幻術「涅槃精舎の術」で観客達を昏倒させて「木ノ葉崩し」決行の合図を出した。その直後にカカシやガイと交戦したが決着はつかず、大蛇丸の撤退を悟ると自らも戦線を離脱した。
その後は大蛇丸と共に綱手の元へ赴き、大蛇丸の治療を依頼するも拒否されたため綱手、シズネ、自来也、ナルトの4人と戦闘となり、綱手やシズネを追い詰めるもナルトの捨て身の「螺旋丸」を受けて重傷を負い、大蛇丸共々撤退した。第二部の天地橋の戦いでは、5年前にサソリから5年後に落ち合うことを指示されていた天地橋へと赴き、大蛇丸と2人がかりでサソリを待ち伏せていた。しかしサソリは既にサクラとチヨの手によって殺害されており、逆に待ち伏せていた第七班のメンバーと交戦となるも撤退、その後大蛇丸やサスケ共々アジトを引き払い逃亡した。
大蛇丸がサスケに敗れた後は自分のアイデンティティーを見失い、大蛇丸の細胞の一部を自分に移植し共存することで大蛇丸を超えた存在になる事を決意した。その後は現在は死亡した名高い忍達の肉体の一部を手に入れ、「口寄せ・穢土転生の術」で蘇生させて自らの手駒に加えた。また秘境の一つである竜地洞の白蛇仙人の下で、ナルトの「蛙の仙人モード」とは異なる「蛇の仙人モード」を体得、さらには音の五人衆や大蛇丸の能力を取り込んでいき、その結果実際に大蛇丸をも凌ぐ強大な力を手にした。
サスケがダンゾウを殺害した直後にオビトに単独で接触して協定を持ちかけ、暁への協力の見返りとしてサスケを得るという条件を同意させた。その時には既に容姿が大きく変貌してしまう程までに大蛇丸の細胞に全身を侵され、白い蛇が尾のように生えた状態であった。オビトが長門の遺体ごと輪廻眼を入手した後、蘇生させたデイダラと共に八尾と九尾を捕らえるために雲隠れの孤島・島亀へ向かい、待ち伏せしていたオオノキたちの奇襲を受けるも、予定変更により代わりにヤマトを捕縛して暁のアジトに撤退。そしてヤマトの力で大量の白ゼツ達を強化させた後、新たに他の凄腕の忍達を穢土転生で蘇生させてオビトに提供した。
第四次忍界大戦開戦後には自分を追跡していたアンコを捕らえ、その肉体に宿る大蛇丸のチャクラを吸収して穢土転生の束縛を強化した。そしてナルトとキラービーが戦場に現れると、イタチと長門を使って密かに八尾と九尾を捕らえようとするが、イタチがナルトの体内に仕込んでいたカラスに移植されていたシスイの万華鏡写輪眼の瞳術・別天神によって穢土転生の呪縛を破られるという予想外の事態により失敗し、切り札である本物のマダラを戦場に投入する。直後に自分を追ってきたイタチと彼を追ってきたサスケにアジトを突き止められ、2人を追い詰めるも最後はイタチの放った禁術「イザナミ」の幻術に掛けられ、無限ループに閉じ込められてしまい敗北した。
直後に復活した大蛇丸に大蛇丸のチャクラを回収され、そしてほどなくして己を見つめ直し受け入れたことで幻術から脱出。その後、戦場に到着して瀕死のサスケを発見し、傍にいた扉間の助言を受けて仙人モードにより蛇化して蘇生することに成功した。戦後は以前の罪を償うため、孤児院時代の仲間であるウルシの補佐や木ノ葉隠れの里のバックアップを得て、児童保護施設を運営している。外伝『七代目火影と緋色の花つ月』では、ナルトが保護してきたうちはシンのクローンたちの身元を引き受けている。




<関連する画像>




(出典 xn--5ckrfnq2nla.xyz)

(出典 i.pinimg.com)

(出典 pics.prcm.jp)

(出典 naruto-game.bngames.net)

(出典 neoapo.com)

(出典 i.ytimg.com)
029E4724-ACC9-404A-B791-28F406AF12D9

9A8B13D1-B53A-4DC9-A632-E0CDD2F7FE84


F0D9A39C-0404-42F9-9142-A86962D8DB21


C63D7DD8-EE6F-4E17-B5E3-154D23795654


E040AC18-B044-4B71-A947-19E64E09A8AA

5492A3F0-4875-40DC-8C73-2B03104E4C89


19E68CCB-BD68-4D74-899A-DEC81868558A

B5B2D696-0E3F-4C16-A115-C17084868644

EDE71865-A94D-436D-B37A-36271B4EC185

2CF7BADC-29F7-4DE8-98F2-4E2BBD404458


8C27D4D0-A756-4D21-9A0C-99B3A456AE02


DFA2AF68-5243-46CD-AB26-7F93C108E888


E94CD6F8-8820-4DC9-9D58-C9117855497D


9925CD8C-9C89-4956-A314-8E5DE9BDD14B


61227E40-B04F-4AFC-A91A-151C65B8F8FD

454B3844-12F9-4EC9-A0D6-5EB1A221039A


<関連する動画>



<ツイッターの反応>



@Shizuku_sh3

NARUTOで木の葉勢好きなのに薬師カブトも大蛇丸もそこそこ好きだし暁も好きだしワンピなら海賊も海軍もバギーもインペルダウンも好きなあたりまあ僕はこういう人なんだよなあという

2020-08-03 15:40:51

(出典 @Shizuku_sh3)

ロコ丸🕘
@mmnezumi

昨日アイマスのツイートめちゃめちゃしたおかげでPさん達がフォローして下さったんだけど、普段はNARUTOの薬師カブトと薬師ノノウちゃんのCPをこの世に広めるために活動しているオタクなので申し訳ないな……🤔

2020-07-26 09:14:35

(出典 @mmnezumi)