<NARUTOまとめ>かつての忍 日向ヒザシ【画像あり】


語られている。 うちはミコト - さらえみ イタチとサスケの母。上忍のくノ一。クシナとは友人関係にあった。うちは一族のクーデター前日にイタチに襲撃され、夫と共にイタチの行為を受け入れ、サスケのことを託してイタチに殺害された。 日向ヒザシひゅうが ヒザシ - 伊藤和晃
276キロバイト (55,010 語) - 2020年7月6日 (月) 11:59



ヒアシの双子の弟でネジの父。分家の者であるため、額には呪印が刻まれていた。かつては宗家のことを憎んでいたが、雲隠れの里が兄であるヒアシの遺骸を要求した際、兄・家族・里を守るためにヒアシの影武者として自ら死を選び命を落とした。第四次忍界大戦ではカブトの「穢土転生」によって蘇生されヒアシと交戦となり、操られながら戦う現状を「宗家を恨んだ罰」と嘆いたが、ヒアシからネジの成長を聞かされ驚いた。その後は「穢土転生」の解除により昇天した。




<関連する画像>




(出典 rei.animecharactersdatabase.com)


(出典 boruto-joho.com)


(出典 comic-kingdom.jp)


(出典 resize.blogsys.jp)

41F906FF-4072-4C70-87AF-88F13E8A5A2B


9DC67935-097D-4AB8-AB3B-19ABCDA32A19


B11D7B50-C4C9-4D7D-B3E0-693040492AD6



2A900C3E-4EEB-448A-AA8F-ADED34B57CD4


3B496E9C-67F7-46CF-9822-E0EF9134031A



D41CEE95-6BAA-48A4-AC11-929C4162F137


20A9FBBC-F922-4B4A-AA1E-2B7E9335749C