<NARUTOまとめ>かつての忍 うちはフガク【画像あり】


うちはフガク - 松本大84)→浜田賢二129話以降イタチとサスケの父。元木ノ葉警務部隊隊長。木ノ葉隠れ下で虐げられ続けていたうちは一族ためにクーデターを計画してその首謀者となり、イタチを木ノ葉上層部へスパイとして送り込んでいた。しかし、争いを嫌ったイタチ
276キロバイト (55,010 語) - 2020年7月6日 (月) 11:59



イタチとサスケの父。元木ノ葉警務部隊隊長。木ノ葉隠れの里の下で虐げられ続けていたうちは一族のためにクーデターを計画してその首謀者となり、イタチを木ノ葉上層部へのスパイとして送り込んでいた。しかし、争いを嫌ったイタチには二重スパイという形で裏切られ、イタチに襲撃されてその事実を知った時には、里のために苦渋の決断を下したイタチの行為を受け入れて彼を自らの誇りであると評し、1人残されるサスケのことを託して殺害された。小説『イタチ真伝』では、万華鏡写輪眼を開眼しておりその強烈な瞳力から「兇眼フガク」と恐れられていた事、また里に不満を持つうちは一族をできる限りクーデターにつながらないように取りまとめることに苦労していたことが語られている。