<NARUTOまとめ>里上層部 水戸門ホムラ【画像あり】


研究を続けていたこと半蔵結託するまで背景、うちは一族クーデターに関わる背景などが描かれている。小説『イタチ真伝』では、九尾を宿しているナルトが差別されるきっかけを作った張本人であることが描かれている。 水戸門ホムラみとかど ホムラ - 宮田光菊本平少年三代目火影
276キロバイト (55,010 語) - 2020年7月6日 (月) 11:59



三代目火影・ヒルゼンやダンゾウらと同世代の忍であり、コハルとともに里のご意見番(相談役)を務める。眼鏡を掛けた老人。かつてはヒルゼン、コハルらとともに初代火影・柱間、二代目火影・扉間の教え子であった。ヒルゼンの火影在任時は、会議などの場で脇に控え、里の意思決定に参与した。ヒルゼンの死後は自来也に五代目火影就任を打診するが断られ、代わりに綱手の就任を了承する。里の最高幹部として、うちは一族の殲滅に関与しており、その真実を知っていた。そのことから、ダンゾウとともサスケの復讐の対象となるが、作中最後まで生き延びた。暁や他国から尾獣を狙われることを危惧し、人柱力であるナルトが里の外に出ることに慎重であったことから、五代目火影・綱手とは意見が対立した。
ナルトの火影在任時代においても存命であり、かなりの高齢ながら未だに相談役としての地位にあり、有事の際には呼び出されるなど、里に一定の影響力はあるようである。




<関連する画像>




(出典 comic-kingdom.jp)

(出典 comic-kingdom.jp)

(出典 pbs.twimg.com)

(出典 i.pinimg.com)

(出典 comic-kingdom.jp)