みつエモンのオタク情報館

みつエモンのオタク情報館は
ゲーム・アニメ・声優等のまとめ情報を
様々な角度から毎日お届けします。


    『ドラゴンボールZ2〜激神フリーザ〜』懐かしのレトロゲーム【画像あり】



    ファミコンにおける、ドラゴンボールシリーズの第5作目になるRPGです。初期の作品は難易度が高めに設定されていましたが、このあたりからRPG初心者でも楽しめる作品に仕上がっています。

    普通のRPGと異なる点はボスが動き回ってこちらを追ってくるという点です。ストーリーも一番思い入れがあるフリーザ編となります。ザーボンたちにチャオズがフルボッコされるのを何度体験したことか・・・。

    バトルは当時のファミコンにはあまり搭載されていなかった、オートで戦うコマンドが存在していたソフトでした。自由にフィールドを動き回れるのではなく数字のカードでボードゲームの様に進めて行くのです。

    【『ドラゴンボールZ2〜激神フリーザ〜』懐かしのレトロゲーム【画像あり】】の続きを読む


    『ミスター味っ子』懐かしのアニメ特集【画像あり】


    ミスター味っ子』(ミスターあじっこ)は、寺沢大介による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載された。後に、テレビ東京系でテレビアニメ化された。 1986年の秋(40号)から1989年末(1990年4・5合併号)まで、『週刊少年マガジン』で連載された。全167話、単行本全19巻、漫
    52キロバイト (7,299 語) - 2019年11月12日 (火) 04:01



    中学生の味吉陽一は、東京の下町にある定食屋・日之出食堂で亡き父の跡を継ぎ、二代目として店を切り盛りしていた。そんなある日、日之出食堂に日本料理界の重鎮、味皇こと村田源次郎が偶然訪れる。陽一が作ったカツ丼の味に驚嘆した味皇は、陽一を自らが主宰する味皇料理会へと招くことに。そこでのスパゲッティ勝負を皮切りに、同じ天才少年料理人の堺一馬や中江兵太、味将軍グループの七包丁らと美味を求める勝負に挑んでいく。

    【『ミスター味っ子』懐かしのアニメ特集【画像あり】】の続きを読む


    <声優>池田秀一の情報ならココ!【画像あり】


    池田 秀一(いけだ しゅういち、1949年12月2日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーター。東京都出身。東京俳優生活協同組合所属。 元妻は女優の戸田恵子。現在の妻は声優の玉川砂記子。 「声優グランプリWEB」によると、「芸能界に入ったきっかけは、最初は遊び半分みたいなものでした。児童劇団に入って
    102キロバイト (11,861 語) - 2020年1月21日 (火) 11:41



    この方と言えば、ワンピースのシャンクスの声ですね!
    そして・・・
    機動戦士ガンダム…シャア・アズナブル、オスカ・ダブリン、オムル・ハング
    巨神ゴーグ…ロッド・バルボア
    機動戦士Zガンダム…クワトロ・バジーナ/シャア
    三国志II 天翔ける英雄たち…周瑜公瑾
    聖闘士星矢…蠍座のミロ
    燃える!お兄さん…火堂害
    七つの海のティコ…スコット・シンプソン
    アークザラッド…シュウ
    名探偵コナン…赤井秀一/諸星大
    SDガンダムフォース…レッドザコ/コマンダーサザビー
    ケロロ軍曹…西澤梅雄
    機動戦士ガンダム SEED DESTINY…ギルバート・デュランダン
    彩雲国物語…紅邵可/ナレーター
    HUNTER×HUNTER…カイト
    まじっく快斗1412…黒羽盗一
    うたわれるもの…ディー
    銀魂…米堕卿
    バオー来訪者…ドルド
    ロードス島戦記…カシュー・アルナーグⅠ世
    るろうに剣心…比古清十郎
    機動戦士ガンダムUC RE:0096…フル・フロンタル/ナレーション
    その他にも多数の声優を演じられております。

    【<声優>池田秀一の情報ならココ!【画像あり】】の続きを読む


    『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』人気アニメ特集【画像あり】


     > アニメ作品 > 王デュエルモンスターズ王デュエルモンスターズ』(ゆうぎおうデュエルモンスターズ)は、高橋和希の漫画『』を原作とするテレビアニメである。2000年4月18日から2004年9月29日までテレビ東京系列で放送された。全224話。字幕放送。
    71キロバイト (5,593 語) - 2020年1月4日 (土) 04:34



    ある日、デュエルモンスターズの創造者「ペガサス・J・クロフォード」から「武藤遊戯」の元へ一通のビデオレターが届く。そのビデオレターに現れたペガサスは、なんとデュエルをすると言い出し、遊戯はテレビの前にカードを置いてデュエルを始める。しかし遊戯の戦略は、全てペガサスに見透かされていた。ビデオの時間切れによって遊戯の敗北扱いとなり、罰ゲームとして祖父・双六の魂がビデオに封印されてしまう。

    【『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』人気アニメ特集【画像あり】】の続きを読む


    『ボンバーマン』懐かしのレトロゲーム【画像あり】


    ボンバーマン』(BOMBER MAN)は、1985年12月20日にハドソンがファミリーコンピュータ(以下FC)用ソフトとして発売したアクションゲームである。 8ビットパソコン用ゲーム『爆弾男』を基に家庭用にアレンジして発売したゲームソフトで、『ボンバーマンシリーズ』の第一作目である(初代ボンバーマ
    23キロバイト (3,581 語) - 2019年7月28日 (日) 08:09



    爆弾でブロックを壊しながら敵を倒して全ステージ50面を進むというゲームです。当時爆弾を大量に置いて敵を倒していく姿に笑いが絶えませんでした。

    ボーナスステージでは謎の無敵状態で、敵をなぎ倒していくボンバーマンのプレーにかなりの爽快感を覚えました。また、ファイヤーマンと呼ばれるアイテムをゲットすると爆風に当たっても死なないという面白い設定になっています。

    【『ボンバーマン』懐かしのレトロゲーム【画像あり】】の続きを読む


    『Gu-Guガンモ』懐かしのアニメ特集【画像あり】


    Gu-Guガンモ』(グーグーガンモ)は、細野不二彦による日本の漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)において、1982年19号から1985年16号まで連載された。単行本は全12巻。 テレビアニメ化され、1984年から1985年にかけて放送された。 「空を飛べども鳥でなく、人語を解せど人でなく、しかしてその実体は…
    41キロバイト (3,830 語) - 2020年1月3日 (金) 09:11



    大江戸町の平凡な小学生・佃半平太はある日、姉のつくねが拾ってきた巨大タマゴをもらう。中からは人語を話す不思議な鳥ガンモが生まれ、そのまま半平太の家に住み着く。いつもはおとなしいガンモだが、コーヒーを飲むと酔っ払ってしまうおかしな癖があった。

    【『Gu-Guガンモ』懐かしのアニメ特集【画像あり】】の続きを読む


    <声優>柴田秀勝の情報ならココ!【画像あり】


    柴田 秀勝(しばた ひでかつ、1937年3月25日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーター、演出家。東京都台東区浅草田原町出身。青二プロダクション所属。RME株式会社代表取締役会長。妻は声優の関根明子。 1937年、東京市下谷区浅草田原町で経師屋の息子として生まれる。 小さい頃から吃音により、た行がうまく言えず、そこで詰まっていた。
    74キロバイト (7,901 語) - 2020年1月20日 (月) 16:30



    この方と言えば、モンキー・D・ドラゴンの声ですね!

    タイガーマスク…ミスターX
    アニメンタリー 決断…加藤建夫
    ゲゲゲの鬼太郎(第2作)…赤舌、閻魔大王、百々爺 他
    宇宙戦艦ヤマト2…バンデベル将軍
    銀河鉄道999…機械伯爵 他
    宇宙戦艦ヤマトIII…ガイデル総司令
    怪物くん…ポルターガイスト
    装甲騎兵ボトムズ…ワイズマン
    NARUTO-ナルト-三代目火影・猿飛ヒルゼン
    FAIRY TAIL…イグニール、ナレーション
    FAIRY TAIL ZERO…ナレーション
    日常…第22話 予告ナレーション
    サザエさん…田河水泡
    蒼天航路…袁術
    あまえないでよっ!!…洪厳
    ジパング…ヴァンデグリフト少将
    地獄少女…人面蜘蛛
    へうげもの…柴田勝家
    マギ…アモン
    その他多数の声優を演じられております。

    【<声優>柴田秀勝の情報ならココ!【画像あり】】の続きを読む


    『キングダム』人気アニメ特集【画像あり】


    2019年8月19日閲覧。 キングダム 公式ガイドブック 英傑列紀 キングダム 公式ガイドブック 覇道列紀 キングダム - 週刊ヤングジャンプ公式サイト アニメキングダムキングダム公式アカウント (@Kingdom_yj) - Twitter キングダム | NHKアニメワールド - NHKによるテレビアニメ第1シリーズ番組サイト
    263キロバイト (46,619 語) - 2020年1月21日 (火) 04:46



    時代は、紀元前。500年の争乱が続く春秋戦国時代、中国西方の国・秦の片田舎に「信(しん)」と「漂(ひょう)」という名の2人の戦災孤児がいた。2人は、下僕の身分ながら、「武功により天下の大将軍になる」という夢を抱き、日々、剣の修行に明け暮れていた。
    やがて、大臣である昌文君に見出されて1人仕官した漂だったが、ある夜、残された信の元へ深手を負って戻って来る。息絶えた漂から託された信が辿り着いた目的地には、漂と瓜二つの少年がいた。その少年こそ秦国・第31代目の王である政(せい)であった。漂が命を落とす原因となった政に怒りをぶつける信だったが、自らに託された漂の思いと自らの夢のために、「王弟の反乱」そして乱世の天下に身を投じるのだった。

    【『キングダム』人気アニメ特集【画像あり】】の続きを読む


    『トランスフォーマー コンボイの謎』懐かしのレトロゲーム【画像あり】


    トランスフォーマー コンボイの謎』(トランスフォーマー コンボイのなぞ)は、1986年12月3日に発売されたタカラ(現:タカラトミー)ファミコン参入第1弾ソフト。 同社より発売された玩具『トランスフォーマー』およびそれを原作としたテレビアニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』(1985年
    22キロバイト (3,048 語) - 2019年4月10日 (水) 10:22



    アメトークでも紹介された伝説的なクソゲーアクションソフトです。開始数秒でゲームオーバーになる鬼畜仕様であり、あまりの理不尽な難易度設定にあきらめるゲーマーが多発しました。

    当時これを新品で買ったと想像したら会社を訴えたくなるレベルのクソゲー具合になっています。非常にスピード感があるゲームで、操作キャラコンボイを変身しながらステージをクリアしていきます。しかし、このトランスフォーメーション中に即死したり、変身後も謎の死が待っているという仕様で、逆にシュールで笑えてくる作品です。

    【『トランスフォーマー コンボイの謎』懐かしのレトロゲーム【画像あり】】の続きを読む


    『超時空要塞マクロス』懐かしのアニメ特集【画像あり】


    超時空シリーズ > 超時空要塞マクロス マクロスシリーズ > 超時空要塞マクロス超時空要塞マクロス』(ちょうじくうようさいマクロス)は、スタジオぬえ原作、タツノコプロ・アニメフレンド制作による日本のロボットアニメ。テレビシリーズアニメとして1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列
    105キロバイト (14,054 語) - 2019年12月21日 (土) 08:12



    地球に落ちてきた謎の宇宙戦艦を修復したものの、突然の敵襲により一般市民も巻き添えにして遙か太陽系外縁まで転移してしまった乗組員たち。地球への帰途につく彼らはその道中で、謎の敵との接触を果たしその特異な性質を知るに至った…。

    【『超時空要塞マクロス』懐かしのアニメ特集【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ